ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 知事直轄 消防保安課 「傷病者の搬送及び受入れに関する実施基準」の策定について

「傷病者の搬送及び受入れに関する実施基準」の策定について

 平成21年10月に「改正消防法」が施行され、都道府県は、救急隊が速やかに傷病者を医療機関へ搬送できるようにするため、「傷病者の搬送及び受入れに関する実施基準」(以下「実施基準」という。)を策定することとされました。
 本県では、消防機関と医療機関等から構成される「救急搬送体制連絡協議会」での検討結果を踏まえ、以下のとおり実施基準を策定しましたので、お知らせします。
救急搬送

(県民の皆様へ)
 この実施基準は、救急車により患者を搬送するための基準です。

 本基準で定める医療機関リストは、重篤な傷病者を救急搬送する場合に救急隊が使用するもので、県民の皆様が直接医療機関を受診するために利用するものではありません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 知事直轄 消防保安課 「傷病者の搬送及び受入れに関する実施基準」の策定について