ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター 麻しんについて

麻しんについて

麻しんとは

  麻しんは、麻しんウイルスによる急性熱性発しん性疾患です。
  感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は極めて強く、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症します。時には重篤な合併症をおこすこともあり、死亡する割合は1000人に1人とも言われています。
  感染すると10~12日間の潜伏期間の後、38度前後の発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、高熱(多くは39.5度以上)と特有の発疹が出現します。7~10日後には回復しますが、肺炎や脳炎といった重篤な合併症をおこすこともあります。

治療と予防

  特別な治療法なく、症状に応じた対症療法が中心となります。
  麻しんは感染力が強く、空気感染もするため、手洗い、マスクのみでは予防できません。麻しんの予防にはワクチンの接種が重要で、2回接種することでほぼ確実に免疫を得ることができるといわれていま
す。
 
  麻しんの定期接種では、麻しん・風しんの混合ワクチン(MRワクチン)を接種しています。定期予防接種の対象年齢となったら、できるだけ早く予防接種を受けましょう。また、予防接種歴が不明または未接種の場合は、予防接種を受けることをご検討ください。海外の麻しん流行中の国・地域へ渡航予定の方は、母子手帳などで予防接種歴を確認の上、予防接種することをご検討ください。

【 定期予防接種対象者 】
  

第1期  生後12ヶ月以上 24ヶ月未満の者 ( 1歳になったら、なるべく早く接種しましょう)
第2期  5歳以上 7歳未満の者で、小学校就学前 1年間

  ・定期予防接種について詳しくは、お住まいの市町村の予防接種担当課へお問い合わせください。 

岡山県 麻しん流行状況

      ※ 2015年以降 発生なし
 

全国の麻しん流行状況


麻しん予防 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター 麻しんについて