ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

津山地域の花  ユリ

鏡野町(旧奥津町地域)では、下記冷涼な地理条件を生かし、昭和40年代からユリを栽培しています。現在はオリエンタル系のユリを主に、ハウスで栽培し、球根の冷凍処理などで、定植時期を変えながら、目的とする出荷日に計画出荷しています。岡山県を代表するユリの産地です。
ユリは、岡山市場はもとより、広島、高知、高松などにも出荷されています。

ユリとは

ユリ科の花で、オリエンタル系、アジアティック系、シンテッポウユリに分類されます。
オリエンタル系の主な品種はカサブランカ、ルレーブ、ティアラなどで、比較的花が大きく華やかです。数多くの品種があり、球根を海外から輸入しています。
アジアティック系(スカシユリなど)は、香りの少ない品種が多いです。
ユリは、花色や花の形が多様なことから、結婚式の花、敬老の日の贈答用、仏花など、幅広く使われています。

花色:白色、ピンク色、黄色、オレンジなど
開花期:ハウス栽培によりほぼ一年中花を咲かせることができます。
花言葉:「純潔」「無垢」「威厳」など。

ユリの花

ユリ 県知事賞受賞花

写真:平成22年度岡山県岡山総合花卉共進会

岡山県知事賞受賞