ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 知っておきたい薬の知識!

知っておきたい薬の知識!

医薬品の正しい使い方

医薬品を正しく使っていただくためのポイントを紹介します。

1 添付文書(能書)を必ず読もう!

薬局や薬店で購入された一般用医薬品の添付文書(能書)には、用法・用量、効能・効果のほか、使用上の注意、副作用などが記載されています。必ずよく読んでから使用する習慣を身につけましょう。

2 服用時間を守ろう!

医薬品は、それぞれ定められた時間に飲まないと効果がなかったり、副作用を生じることがあります。必ず、定められた時間に飲みましょう。
医薬品の正しい服用時間の目安は次のとおりです。
 食前:胃の中に食べ物が入っていないとき。(食事前1時間~30分)
 食後:胃の中に食べ物が入っているとき。(食事後30分以内)
 食間:食事と食事の間(食事後2時間が目安)。たとえば朝食と昼食の間のことであり、食事中に服用するということではありません。

3 用法・用量を正しく守ろう!

医薬品は、定められた量より多く飲んだからといって、よく効くものではありません。多く飲み過ぎることによって副作用などが現れることがあります。自分で勝手に判断せず、定められた用法・用量を守りましょう。

4 使用時の注意を守ろう!

医薬品は、効果を高めたり副作用の発現を防ぐために錠剤、カプセル、トローチ剤等のいろいろな剤型があります。
剤型別に、使用時の注意事項がありますので、医師(歯科医師)や薬剤師などの専門家からの指示や添付文書に従って正しく使いましょう。
〈例〉
 錠剤・カプセル剤:むやみにかんだりつぶしたりしてはいけません。胃では溶けず、腸で初めて溶けて効くように設計されたものもあります。
 トローチ剤:飲みこんだり、かんだりせずに口の中でゆっくり溶かしながら服用してください。
 点眼剤:雑菌が入らないように、容器がまつげなどに触れないよう点眼してください。

この他にもいろいろな剤型がありますので、医師(歯科医師)や薬剤師などの専門家からの指示や添付文書に従って正しく使いましょう。

5 高齢者の医薬品の使用には特に注意しよう!

高齢の方は、血圧や心臓の医薬品など、複数の医薬品を併用することが多く、使用期間も長くなりがちです。また、高齢の方は、医薬品の代謝や排泄に関わる肝臓、腎臓などの働きが弱くなっています。
このため、医薬品が効きすぎたり、思わぬ副作用が現れることがあります。医師(歯科医師)や薬剤師などの専門家から十分に説明を受け、正しく使いましょう。

6 医薬品の飲み合わせに注意しよう!

2つ以上の医薬品を併用すると、その種類によってお互い影響し、効かなくなったり、効きすぎることがあります。それによって、期待される作用が現れにくくなったり、また、思わぬ副作用が現れたりすることがあります。
病院や診療所を受診する時、医薬品を買う時には、今使っている医薬品を必ず医師(歯科医師)や薬剤師などの専門家に相談しましょう。

医薬品の正しい保管のしかた

医薬品が本来の効能・効果を発揮するためには、家庭での正しい保管が必要です。そのポイントをお知らせします。

1 湿気、日光、高温を避けて保管しよう!

医薬品は湿気や光、熱によって影響を受けやすいものです。栓を固くしめ、直接日光があたらず、暖房器具などから離れた場所に保管しましょう。

2 医薬品以外のものと区別して保管しよう!

誤用を避けるために、台所洗剤、殺虫剤、防虫剤などと区別して保管しましょう。

3 他の容器への入れかえはやめよう!

他の容器に入れかえて保管しないようにしましょう。内容や使い方がわからなくなり、誤用や事故につながる恐れがあります。

4 古い医薬品の使用はやめよう!

医薬品には有効期間があります。有効期間を過ぎたものや、見た目に異常があるような場合は使用しないようにしましょう。

5 乳幼児・小児の手の届かない所に保管しよう!

最も注意すべき点は、乳幼児・小児の誤飲です。子供のすぐ手の届く場所に医薬品を放置しないよう、常に注意しましょう。不要な医薬品を捨てる場合も子供の目に触れないように注意しましょう。

かかりつけ薬局を持ちましょう!

医師(歯科医師)が治療に必要な医薬品の名前や使用方法を記載した「処方せん」を発行し、薬剤師が調剤することで、医薬品の使用についてダブルチェックをして安全性を高めることを目的とするのが「医薬分業」です。
この医師(歯科医師)から出された処方せんは、最寄りの薬局に持って行って薬剤師に調剤してもらいます。
処方せんを持ち込む薬局は自由に選ぶことができますので、自宅の近くやあなたが信頼のおける薬局を「かかりつけ薬局」に決めてください。
複数の医療機関にかかった場合でも、あらかじめ決めた1ヶ所の「かかりつけ薬局」で調剤を受けることが大切です。
「かかりつけ薬局」では、あなたの体質、薬物アレルギー、服用中又は過去服用していた医薬品について質問し、処方された医薬品とともに薬歴簿に記録して、あなたの健康管理に役立てています。

お薬手帳を持ちましょう!

薬局へ処方せんを持っていくと「お薬手帳をお持ちですか?」と聞かれたことはありませんか?
「お薬手帳」は、あなたが今までに飲んだり、使ったりした医薬品の名前や飲む量、回数を記載したり、過去に起きた副作用などを記録して、安全に医薬品を使っていただくためのものです。
「お薬手帳」は薬局の薬剤師に相談してください。
また、電子お薬手帳は、対応薬局でご相談ください。

お薬についての相談は

関連リンク


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 知っておきたい薬の知識!