ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総務部 総務学事課 私立高校生等への就学支援制度について

私立高校生等への就学支援制度について

就学支援制度について

 平成22年度から実施された高等学校等就学支援金を支給するとともに、同支援金を受給してもなお、経済的理由により修学に困難をきたす生徒に対し、岡山県独自の補助として私立高等学校納付金減免補助金を支給します。(下記については平成26年度入学生からの制度内容であり、平成25年度以前からの在学生については、旧制度が引き続き適用されます。)

1 高等学校等就学支援金【国制度】

 私立高校等の授業料の支援として「道府県民税所得割額」と「市町村民税所得割額」の合算額が507,000円(年収910万円程度)未満の世帯に年額118,800円以内(年収350~590万円程度の世帯に対しては178,200円以内、年収250~350万円程度の世帯に対しては237,600円以内、年収250万円未満程度の世帯に対しては297,000円以内)が支給されます。支援金は各高等学校が生徒(保護者)に代わって受領し、授業料に充当します。

2 私立高等学校納付金減免補助金【県制度】

 高等学校等就学支援金を受給してもなお、経済的理由により修学に困難をきたす生徒について、その負担の軽減を図るため、授業料も含めた納付金の減免を行う学校法人に補助します。支給基準は、年収250万円未満程度の世帯については年額60,000円以内、年収250~350万円未満程度の世帯については年額48,000円以内、年収350~590万円未満の世帯については年額24,000円以内を助成することとしています。

3 奨学のための給付金(平成26年度入学生からの新制度)

 授業料以外の教育費負担(教科書費、通学用品等)を軽減するため、年収250万円未満程度の世帯の生徒に対して、年間3.8~13.8万円(私立)を支給します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 総務部 総務学事課 私立高校生等への就学支援制度について