ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 岡山県結核予防計画

岡山県結核予防計画

 岡山県の結核患者数は、緩やかな減少傾向にありますが、現在でも年間約300人が結核を発病しています。結核医療の面では、診断や治療の水準は向上している一方で、診療に精通した医療従事者や診療できる医療機関が減少しています。さらに、基礎疾患を有する高齢者が罹患の中心である昨今の状況において、求められる治療形態が多様化してきています。
 岡山県では、「岡山県結核予防計画」を策定し、結核対策を総合的に実施しているところですが、このような変化に対応するために、平成25年2月、これを改正しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 岡山県結核予防計画