ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

音楽隊の仕事内容

岡山県警察音楽隊の仕事内容

 音楽隊員は、警察と県民とを結ぶ「音の架け橋」として演奏活動を行うだけでなく、主に岡山市内の交番で「おまわりさん」として勤務したり、大規模災害や事件・事故が発生した時には、救助捜索活動等にも出動したりします。

演奏活動

 年間約100回の演奏会を行っています。
 演奏には、椅子に座って行う通常の演奏のほかにドリル演奏、パレード、カラーガード隊員の演技が加わる演奏があります。

演奏の写真

通常の演奏

演奏の写真

ドリル演奏

音楽訓練

 個人訓練や合奏、演技の訓練などを専用の訓練場で行います。また、ドリル演奏やパレードの訓練はグラウンドで行います。
 週1日の訓練日に加えて、勤務時間以外にも自主的に訓練をしています。

訓練の写真

交番での勤務

 演奏活動や音楽訓練以外の日は、主に岡山市内の交番で、「おまわりさん」として働いています。
 交番では、110番の現場に臨場したり、地域をパトロールしたり、交番の来訪者の対応をしたりします。

交番勤務の写真

その他

花火や祭りの警備などにも出動します。