ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

Ic運転免許証について

Ic免許証について

 岡山県警では平成20年1月4日から発行する免許証が全てIcカード化されました。Ic免許証とは、免許証にIcチップ(半導体集積回路)を埋め込んだものです。Icチップには券面に記載されている、氏名、生年月日、顔写真等のほか、券面にない本籍・国籍などの個人情報が記録されます。Icチップに記録された情報の保護のため、暗証番号を設定する必要があります。

※ 暗証番号は、読取装置(Icチップに記録されているデータを読み取る装置)でIc免許証の記録内容を確認するために必要になります。

※ 読取装置は、運転免許センターの窓口と各警察署に設置しています。

Icカード化による主なメリット

偽造・変造の防止

 犯罪組織が極めて精巧な運転免許証を偽造したり、振り込め詐欺の犯人が銀行口座の開設などのために偽造した運転免許証が使用される事件が発生しています。Ic免許証は、内蔵されたIcチップに、免許証券面の氏名、生年月日などのデータがあらかじめ暗号化して記録されており、そのチップを読み取ることで真偽の判定が可能なため、偽造、変造が極めて困難です。

プライバシーの保護

 本籍・国籍は、普段の生活では、外部に表示する機会が極めて少ない情報です。Ic免許証では、プライバシーの保護のため、券面から本籍・国籍の記載が削除されました。

注意事項について

 免許証をズボンの尻ポケットに入れること等が原因で曲がってしまい、Icチップが損傷することがありますので、大切に扱ってください。

暗証番号について

 暗証番号はIcチップに記録されている氏名、生年月日、本籍、顔写真等の個人情報を保護するために必要です。4ケタの数字を2組設定しますので、任意の数字をあらかじめ考えておいてください。
 なお、暗証番号は、一度設定すると次の更新などの免許証交付までは変更できません。

       □□□□    △△△△
       暗証番号1   暗証番号2

※ 暗証番号の入力を3回間違えると、それ以降は暗証番号の入力ができなくなりますのでご注意ください。

暗証番号照会・閉塞解除依頼について

 暗証番号を忘れた方、又は暗証番号の入力を3回間違えて暗証番号が入力できなくなった方の手続は下記のとおりです。

 ・申請に必要なもの
   運転免許証

 ・申請の場所・受付時間等
   運転免許センター
    月曜日から金曜日まで(祝日・休日・年末年始を除く。)
    14時00分から16時00分まで
   県下各警察署(矢掛幹部派出所を含む。)の免許窓口
   いずれの警察署でも手続ができます。
    月曜日から金曜日まで(祝日・休日・年末年始を除く。)
     8時30分から12時00分まで
    13時00分から17時00分まで

 必ず、依頼者本人が各窓口に免許証を持参の上、申し出てください。また、電話での照会及び代理人による手続には応じられませんので、あらかじめご了承ください。

よくある質問

暗証番号を設定しないとどうなりますか?

 暗証番号を入力しなくても、読取装置から記録内容が確認できるため、第3者に悪用されるおそれがあります。

暗証番号が2組必要なのはどうしてですか?

 第三者が暗証番号を解読することをより困難にするためです。

暗証番号は変更できますか?

 暗証番号は次回の免許証交付時まで変更できません。

 お問い合わせは、岡山県運転免許センターまで
  086-724-2200