ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

運転免許の自主返納(申請取消し)について

 身体機能の低下等により自動車等の運転をやめる場合は、申請により免許証を返納する(免許を取り消す)ことができます。

取消しの種類

(1)持っている免許を全部取り消す。
(2)持っている複数の免許のうち一部を取り消す(上位免許を取り消す)
   〇 例1 大型免許と普通免許のうち、大型免許を取り消す → 可能
   × 例2 大型免許と普通免許のうち、普通免許を取り消す → できません
(3)持っている免許を取り消し、その取り消す免許で運転できる新たな免許を受ける。
*****参 考 例*****
  取り消す免許受けることができる新たな免許
   大型免許    普通免許、小特及び原付免許
   普通免許    小特及び原付
   大自二免許    普自二免許、小特及び原付免許

申請に必要なもの

(1)の方 → 運転免許証
(2)の方 → 運転免許証
(3)の方 → 運転免許証
        申請用写真(縦3.0センチ×横2.4センチ)1枚
        免許証交付手数料(更新手続と同時に申請される場合は不要です。)

手続の場所、受付時間等

申請場所

申請可能な日
(祝日、休日、年末年始を除く。)

受付時間
岡山県運転免許センター

月曜日~金曜日

  8時30分~11時30分
13時00分~15時30分

日曜日(全部の免許取消しのみ)

14時30分~15時30分
倉敷運転免許更新センター

手続できません(更新と同時の申請は可能)。

警察署
※矢掛幹部派出所を含む
※いずれの警察署でも申請可能

月曜日~金曜日

  8時30分~12時00分
13時00分~16時30分

※ 免許更新手続と同時に一部取消しを申請される方は、受講する更新時講習の種類ごとの受付時間に申請してください。
※ 岡山県運転免許センターの日曜窓口では、県外転入と同時に申請取消しをされる方のうち、免許証を紛失している方は手続ができません。

申請手続をすることができる方

本人による申請が原則です。
※ 年齢が65歳以上の方については、全部取消しの申請に限り、家族等の代理人の方による申請が可能です。

代理人による運転免許証の自主返納(全部取消し)について

 年齢が65歳以上の方の運転免許証の自主返納(全部取消し)については、申請者本人に代わって、3親等内の親族、在所している介護施設の管理者の方が代理人として申請することができます。
 ※ 申請者本人が運転免許証を紛失している場合は、代理人の方による手続ができません。
(平成28年10月1日開始)

申請に必要なもの

1 申請者本人の運転免許証
2 申請者本人が署名、押印した委任状兼承諾書
3 代理人ご自身の運転免許証等の本人確認書類
4 申請者本人と住所が異なる親族の方が代理人となる場合は、本人との続柄が確認できる書類
5 介護施設等の管理者の方が代理人となる場合は、管理者であることが確認できる書類

新たな免許証の交付について

上記(2)、(3)の申請をされた方の新たな免許証は、運転免許センターでは即日交付、警察署では、申請した警察署での約3週間後の交付又は有料での郵送交付となります。

申請することができない場合

行政処分等で停止・取消処分中の方及びこれらの基準に該当している方は、申請取消しの手続はできません。

全部取消しされる方

希望により「運転経歴証明書」や「おかやま愛カード」の交付を申請できます。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、交通部運転免許課までお願いします。