ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

信号機の種類

信号機の種類


押ボタン式信号機

 歩行者等が押ボタンを押したときだけ車両用信号機を赤表示にして車両を停止させ、歩行者用信号機を青表示にして歩行者等を安全に横断させる信号機です。(※車両用信号機を黄点滅表示、歩行者用信号機を赤表示にして運用していましたが、平成19年から車両用信号機を青表示、歩行者用信号機を赤表示にするよう順次変更しています。)

 押ボタン式信号機   押ボタン式信号機文字板

       

感知式信号機

 主に、交通量が少ない道路と交わる交差点に設置する信号機です。通常は赤信号ですが、「車両感知器」又は「歩行者・自転車用又は二輪車用の押ボタン」を使用することで、車両又は横断歩行者がいるときだけ青信号に変わります。現在、車両を感知したとき又は押ボタンを押したときに「感知中」の文字が表示される文字板に更新中です。

感知式信号機

     感知式信号機文字板     感知器


時差式信号機

 対向直進車両が多いため右折が困難な交差点で、対向直進車両の流れを先に止めて、右折車両を流す信号機です。

時差式信号機


矢印式信号機

右折矢印式

 右折車両の交通量が多い交差点に右折矢印を設置し、右折専用の流れを設けた信号機です。

矢印式信号機

セパレート矢印式

 すべての車両を矢印で制御し、右左折車両と直進車両の流れを完全に分離する場合等に用いる信号機です。

セパレート矢印式


一灯点滅式信号機

 細い街路等の交差点で、主道路側を黄点滅、従道路側を赤点滅で運用する信号機です。

一灯式


歩車分離式信号機

 歩行者と車両の通行を時間的に分離し、歩行者と車両が交錯することを防ぐ信号機です。
 歩車分離式信号機には、歩行者専用現示方式、スクランブル方式などがあります。

・歩行者専用現示方式
 すべての方向の車両用信号機を赤表示にして車両を停止させ、すべての方向の歩行者を同時に横断させる方式です。

・スクランブル方式
 すべての方向の車両用信号機を赤表示にして車両を停止させ、すべての方向の歩行者を同時に横断させる方式のうち、斜め横断を可能とする方式です。

スクランブル交差点

スクランブル交差点