ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子ども・女性を守るために

 子ども女性安全対策課では、子供や女性を性犯罪等の被害から守るため、性犯罪の前兆と見られる声かけ、つきまとい等の事案などの捜査を専門的に行って行為者を特定し、検挙又は指導・警告といった先制的な活動を行っています。

活動内容

不審者情報の収集及び分析、不審者情報の配信

 警察に寄せられた、被害者の方や保護者、学校などの関係者からの情報を集約し、分析を行っています。
 また、被害者や被害関係者の方から、不審者情報を一般に公開してもよいという承諾が得られれば、「ももくん・ももかちゃん安心メール」、「くらしの安全Web Map」、岡山県警ホームページ上の「不審者情報」として情報発信しています。
 情報のリンク先はこちら↓

不審者の特定、検挙又は指導・警告

 声かけやつきまといといった事案は、性犯罪や誘拐事件等の凶悪犯罪に発展する恐れがあります。
 子ども女性安全対策課は、警察に寄せられた、子供や女性を対象とした不審者情報をもとに、犯人を絞り込んで検挙します。
 また、犯罪に至らない事案に対しても、行為者を特定して、指導・警告を行い、凶悪な犯罪にエスカレートする前に先制活動を行います。
 
ももかちゃん

  声かけとは・・・

  「〇〇へはどう行けばいい?」、「車に乗らないか。」、「お菓子あげるから。」等と道案内を求めたり、甘い言葉をかけたりする行為のことです。
 性犯罪を分析すると、犯罪発生前にこのような「声かけ事案」が前兆として発生している場合が多く見られます。

被害防止のための啓発活動

 防犯に関する知識を身につけることにより、性犯罪等の危険を減らすことができます。
 県警察では、子供や女性に防犯意識を高めてもらうために、ちらし配布や防犯訓練・防犯教室の開催などを行っています。
ももかちゃん

防犯アドバイス

子供を犯罪から守るために

 子供を犯罪から守るためには、大人の力が必要です。
 しかし、子供にもできる、防犯対策があるのです。
 しっかりと、子供に浸透させてください。

自分の身は自分で守るために

 「私だけは大丈夫。」だなんて思っていませんか。
 犯罪はいつ、どこで、誰が被害に遭うかわからないのです。
 犯罪から身を守るため、できることから始めましょう。

防犯情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)