ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域警察の活動

パトロールカー(パトカー)の活動

パトロールカーは、白と黒のツートンカラーの車で、各警察署を拠点に機動力を生かしたパトロール活動を行って各種犯罪の抑止を図るほか、不審者に対する職務質問により犯罪者を検挙することを主な任務としています。
また、110番通報などで事件、事故の発生を認知した場合は、現場急行して初動捜査を行うなど、すばやい立ち上がりにより治安の維持に努めています。
パトロールカーの写真

交番・駐在所の活動

 交番は、原則として警察官が交替制で24時間勤務をしており、駐在所は、原則として1人の警察官が家族とともに暮らしながら勤務をしています。
 交番・駐在所とも、地域警察活動の拠点として各地に所在し、地域の「生活安全センター」としての役割を担っており、安全で住みよい地域社会を実現するため、地域住民の意見・要望の把握に努めるとともに、地域の身近な問題の解決や、事件・事故による被害防止に向けた地域安全情報の提供に努めています。
 具体的には、
・ パトロールによる犯罪等の予防と検挙
・ 巡回連絡による意見・要望の把握
・ 事件・事故、遺失・拾得等の届出への対応
・ 各種相談、地理案内への対応
・ ミニ広報紙、交番速報等による地域安全情報の提供
などの活動に従事しています。
 また、県下の交番には交番相談員が配置されており、警察官がパトロールなどで不在の場合には、交番相談員が
・ 事件・事故や遺失・拾得など各種届出への対応
・ 地理案内
・ 相談や問い合わせへの対応
・ 意見・要望の聴取
などの補助活動を行っています。