ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

情報通信部

  警察は、個人の生命、身体、財産を守り、社会の安全と秩序を保つため、全力を尽くして日々の活動を行っています。全国のあらゆる場所で発生する事件、事故、災害発生時の第一線警察官の活動を支えるのは警察独自の情報通信ネットワークです。
  それらは、「警察の神経系統」であり、いかなる場合でも途絶することは許されません。情報通信部は様々な情報通信施設や機器を整備・維持管理し、技術面から警察活動を支えています。
  また、昨今の情報通信技術の進歩に伴い、サイバー犯罪が急激に増加し、サイバーテロも身近な脅威となりつつあり、我々は警察における情報通信分野の技術者集団として、サイバー犯罪捜査への技術的な対応を行うとともに、サイバーテロへ的確に対応するための体制をとっています。
  この警察情報通信業務のうち、主に岡山県警察に関する部分を担当するのが、中国管区警察局岡山県情報通信部で、岡山県警察本部庁舎の中で業務を行っています。

情報通信部の主な業務

  警察の情報伝達の手段としては、全国の警察機関を独自の電話網で結ぶ警察電話や、文書・写真等を送受信する情報通信ネットワーク、市民から110番通報を受理し、必要な措置を迅速かつ的確に行うための警察通信指令システム、デジタル方式を採用し妨害に強く、高度な秘匿性を確保して、警察本部とパトカー、白バイ等を結ぶ車載無線などの各システムがあります。
  これら警察活動に必要な情報通信システムを全国統一的に整備するため、警察情報通信施設の保全・新設及び改修は、国家公務員である情報通信部職員が行っています。
  当部では、各種警察情報通信システムの運用、新設、保全、研究などを行うとともに、それらをその機能や目的に応じて効率的に用いて、岡山県警察の活動を支援することを主な業務としています。

その他のページ

関連ホームページ

衛星通信車