ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 学校基本調査

学校基本調査

学校基本調査の概要

学校基本調査とは

学校基本調査は、我が国の学校教育全般に関する最も重要な調査の一つで、文部科学省所管のもとに昭和23年から毎年実施されています。

調査目的

学校についての基本的事項である学校数、在学者数、卒業者数及び卒業後の進路状況、教職員の状況等を調査し、学校教育行政に必要な学校に関する基本的事項を明らかにする。

調査時期

毎年5月1日現在

調査対象

1.学校教育法第1条に規定する幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校のうち公私立のもの
2.就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律第2条第7項に規定する幼保連携型認定こども園のうち公私立のもの
3.学校教育法第124条に規定する専修学校
4.学校教育法第134条に規定する各種学校
5.学校教育法第18条に規定する就学の猶予又は免除を受けた学齢児童及び生徒(不就学学齢児童生徒)

調査対象校

全学校(園)

主要調査事項

学校数、在学者数、教職員数、卒業後の進路状況、就学免除者及び就学猶予者数

所管府省

調査結果の公表


トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 学校基本調査