ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 飼い主の責務(動物の適正な飼育)について

飼い主の責務(動物の適正な飼育)について

飼い主の責務(動物の適正な飼育)について

 ペット動物を飼育する場合は、その習性を考慮して、命を全うするまで適正に飼うことが飼い主の責務です。
 餌やりや散歩等での糞尿処理を適正に行うことはもちろんのこと、ペット動物は逃げ出さないよう確実につなぐ等するとともに、
万一のために迷子札等を装着しておきましょう。
 特に犬では、リード(綱又は鎖)につないで散歩させることが条例(岡山県動物の愛護及び管理に関する条例)で規定されています。
 ねこの飼育者は、屋内飼育や繁殖制限措置の実施、トイレのしつけ等を行うことにより、人に迷惑をかけない適正な飼育に努めましょう。

トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 飼い主の責務(動物の適正な飼育)について