ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 中山間・地域振興課 ■寄島干拓地の分譲情報

■寄島干拓地の分譲情報

寄島干拓地の概要

 瀬戸内海に浮かぶ三郎島を陸続きにして誕生した「寄島干拓地」。昭和58年3月に県営農業干拓として竣工しましたが、昭和59年3月に目的が変更され、商工業、教育・スポーツなど幅広く地域振興に役立つ用途での利用が可能となりました。
 現在までに、小中学校、専門学校、福祉施設、公園などが立地しており、残地について順次整地を進めながら分譲を行っています。まとまった土地をお探しの方は、是非ご検討ください。

所在地

浅口市寄島町字寄島新開地内

地目

 原野

分譲区画

 ・D地区 約13ha
  ※分譲価格については、お問い合わせ下さい。なお、売却に当たっては、不動産鑑定士による鑑定を行います。
   面積についても、測量を行った上、確定します。

奨励金等

 ・浅口市企業立地促進奨励金制度(製造業、研究所等が対象)
 ・浅口市企業育成振興制度

電力供給

 ・普通電圧 6.6kvに隣接

用水供給(上水)

 ・D地区    未 整 備(市道干拓1号線から配水管の延長が必要です。)

排水処理(下水)

 ・D地区   合併浄化槽で自社処理後、中央水路へ排水(下水道は未計画)

地域指定等

 過疎地域に指定。都市計画の区域外

交通条件(自動車利用の場合)

埋立の経緯

 昭和58年3月  農林干拓事業として竣工
 昭和59年3月  農業目的から他目的に転用
 平成11年3月  粗造成(石炭灰による埋立工事)を完了
 平成15年3月  産業廃棄物処分場の廃止(技術上の基準に適合)確認

地盤条件等

 本地区は干拓地であり、地盤は軟弱です。このことを十分考慮して土地利用計画(基礎工事等)を立ててください。分譲後の地盤沈下により損害が生じても、県は責任を負いかねます。
 N値30以上の支持層(近隣地の値)は、T.P-31以深ですが、あくまで目安とし、詳細が必要な場合は、事業者の負担で調査してください。なお、希望される方には、近隣地のボーリング結果を目安としてお貸しします。
[地層構成]

区分

覆土厚

石炭灰層厚

粘土層(遮水層)

D地区

約0.5m程度

約3~6m程度

約11~17m程度

特記事項

1 D地区は、石炭灰による埋立地であり、廃掃法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)による「廃棄物最終処分場の跡地」として指定されている(平成19年4月3日:岡山県告示第231号)ため、土地の掘削等土地の形質変更を行う場合には、知事への事前届出が必要となります。
2 また、基礎杭が石炭灰下の粘性土(遮水層)を貫くような建物を建設する場合には、一定の措置が必要となります。
 <一定の措置>
   (1) 杭の打設工法としては、中堀工法を採用すること。
   (2) 掘削された石炭灰は、適正に処分すること。
 <その理由>
  ・ 土壌の環境基準の強化に伴い、埋立に使用した石炭灰から一部基準を上回る重金属が確認されています。(平成11年調査)
  ・ この土壌の環境基準は、石炭灰層を一般環境から区別している機能(遮水層等)を損なうような利用を行わない限り、本埋立地(処分場) に適用されるものではありませんが、これを損なう恐れのある場合には、一定の対策が必要となるためです。

参考

C地区の土地利用実績
  専門学校(木造平屋)、スポーツ公園(多目的シェルター、野外トイレ、管理棟等を含む。)、サッカー場、スポーツ広場、フットサル場

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 中山間・地域振興課 ■寄島干拓地の分譲情報