ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 高校教育課 アクティブハイスクール支援事業の成果報告

アクティブハイスクール支援事業の成果報告

アクティブハイスクール支援事業の概要

1 事業期間

 平成19年度~平成21年度(3年間)

2 指定校

 県立倉敷古城池高校、県立笠岡商業高校、県立津山高校、県立勝山高校 (4校)

3 目  的

 生徒一人ひとりの学力向上と進路希望の実現のため、学力向上に取り組む県立高等学校を支援し、明確な目標と確かなプロセス、組織的な展開と的確な評価による改善を通じた学力向上の方法を追究するとともに、成果を県下の高等学校に普及することにより、高等学校教育の充実・発展に資する。

4 事業概要


○ アクティブハイスクール支援事業 (H19~21年度)

  パイオニアハイスクール事業 (H16~18年度:県)の後発事業。
           
  フロンティアハイスクール事業 (H15~17年度:国)の継承事業。

・パイオニアハイスクール事業
 組織マネジメント、授業評価による授業改善PDCAサイクルシステムの構築等、『教員の指導体制や組織力の強化、教員の意識改革等による学力向上モデルの提示』

・フロンティアハイスクール事業
 シラバスの活用や学習評価の改善、高大連携の推進、習熟度別・少人数クラス等、『指導内容や指導方法等の工夫改善による学力向上モデルの提示』 

・アクティブハイスクール支援事業
 指導内容、指導方法の工夫改善、授業公開、授業評価を通じた指導力の向上等、『学校組織としての指導体制の強化とともに、その成果を生徒へ還元するための方策の工夫や、コーチングの考え方や手法の導入等による、生徒自身のモチベーションのアップや潜在能力の開発により学力向上を図る』

あらゆる視点から生徒への有効な働きかけを研究し、実践そして普及することをねらいとしている。

○アクティブハイスクール支援事業 企画評価委員会

 アクティブハイスクール支援事業の円滑な実施を図り、アクティブハイスクール支援事業の指定校の活動に対して、専門的見地から指導、助言、評価等を行う。

<企画評価委員会委員>
  ・住野好久/岡山大学教育学部教授
  ・尾島 卓/岡山大学教育学部講師
  ・県立倉敷古城池高等学校長
  ・県立笠岡商業高等学校長
  ・県立津山高等学校長
  ・県立勝山高等学校長
  ・岡山県教育庁指導課長

アクティブハイスクール支援事業 取組の概要

指定校

主な取組

倉敷古城池高等学校・授業DVDのライブラリー化
・「古城池Tips」の開発
・コーチングを活かした実践事例研究
・初期指導と行事を含めた総合的な取組 ほか
・パイオニアハイスクール事業の継承と発展
笠岡商業高校・コーチング研修及び事例研究
・「進路コーチ制度」の開発
・「授業改善」の組織的・継続的な取組
・「アクティブ10」 ほか
・フロンティアハイスクール事業の継承と発展
津山高等学校・教員対象コーチング&保護者対象コーチング研修会の先駆的実践
・学校組織マネジメントにおけるPDCAサイクルの構築
・「総合的な学習の時間」を利用したテーマ学習 ほか
・フロンティアハイスクール事業の継承と発展
・パイオニアハイスクール事業の継承と発展
勝山高等学校・「夢手帳(スケジュール管理手帳)」の開発
・ICTを活用した授業改善
・コーチング講師による生徒面談の分析と指導
・「総合的な学習の時間」を活用した調べ学習 ほか
・フロンティアハイスクール事業の継承と発展

【平成21年度活動実績】

●成果報告会  

・県立倉敷古城池高等学校/平成21年11月6日(金曜日) 於)県立倉敷古城池高等学校
・県立津山高等学校/平成21年11月10日(火曜日) 於)県立津山高等学校  
・県立笠岡商業高等学校/平成21年11月19日(木曜日) 於)県立笠岡商業高等学校
・県立勝山高等学校/平成21年11月26日(木曜日) 於)県立勝山高等学校  

● 企画評価委員会/平成22年2月12日(金曜日) 於)岡山県生涯学習センター

アクティブハイスクール支援事業の成果と今後に向けて

 アクティブハイスクール支援事業の中心的な取組が、コーチング手法の導入である。専門業者に委託して教員研修を実施するなど、その手法を学び、生徒・保護者との面談や普段の声かけ、個別の進路指導等に活かすことを目的とした。生徒対象アンケートの集計結果を見ると、生徒は、自分たちに接する教員の姿勢や視線の変化を敏感に感じとっており、自分達の為に頑張ってくれているという意識の変容がうかがわれるなど、一定の成果を挙げている。
 今後は、コーチング研修を受けた教員が、校内のみならず校外においてもそのノウハウを伝え、より多くの教員がコーチングの手法及びその考え方をもとにした、よりよい指導を実践していくことが求められるところである。
 また、本事業の後半からは、コーチングを授業に活かすことを共通課題に加え、コーチングの発展的利用法の開発に取り組んだ。これからの知識基盤社会に対応するためにも、授業改善が求められるところであり、各校で取り組んだ研究をもとに、今後さらに、よりよい授業について研究を続けていくこととしている。
 アクティブハイスクール支援事業は、あらゆる視点から生徒への有効な働きかけを研究し、実践そして普及することをねらいとしている。各指定校では、生徒をアクティブにするため、また教員、学校をアクティブにするための様々な有形・無形の取り組みが行われた。その結果、学校全体での教員相互が高め合おうとする気運の高揚、授業改善への意欲の向上、継続的に指導力の向上を図るための効率的なPDCAサイクルの展開、生徒をその気にさせるアイテムや教授法等々多くの成果が得られた。
 詳細については、各指定校のホームページをご覧いただき、活用できそうな取組あるいはヒントになりそうものがあれば、是非積極的に取り込み、さらに自校に合ったものに発展させて、生徒の学力向上に繋げていただければ幸いである。

コーチングを活かした授業づくりの提案

 平成22年2月12日、「3年間の成果と課題、今後の取り組み」を主題に、本事業最後の行事となる「企画評価委員会」を開催した。委員会では、各指定校からの3年間のまとめの報告、岡山大学の住野先生、尾島先生からの総括とともに、今後の継続課題とした「授業改善」に向け、コーチングを活かした授業モデル [PDFファイル/4.03MB]について提案した。「よい授業」の実践のためのヒントになれば幸いである。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 高校教育課 アクティブハイスクール支援事業の成果報告