ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 知事直轄 消防保安課 高圧ガス保安法について

高圧ガス保安法について

高圧ガス保安法について

1 高圧ガス保安法とは

 コンビナートの石油化学工場や、タンクローリー等の高圧ガスによる災害を防止するため高圧ガスの製造、貯蔵、移動等を規制する法律です。

2 高圧ガスの保安法令の体系  

法律:高圧ガス保安法
政令:高圧ガス保安法施行令・高圧ガス保安法関係手数料令
省令:一般高圧ガス保安規則・液化石油ガス保安規則等
告示:高圧ガス設備等耐震設計基準等
高圧ガス

3 高圧ガス保安法の主な規制

■製造許可
・1日の処理容積が、100m3(不活性ガス又は空気を除く)以上、又は300m3(不活性ガス又は空気)以上の設備で高圧ガスの製造をする場合
 例)コンビナート工場、LPガス充てん所、スクーバダイビング用空気充てん所等
 ・1日の冷凍能力が、50トン以上(不活性のフルオロカーボン)等の設備で高圧ガスの製造をする場合
例)空調、冷凍等
■製造事業届出
 ・1日の処理容積が、100m3(不活性ガス又は空気 を除く)未満、又は300m3(不活性ガス又は空気)未満の設備
 ・1日の冷凍能力が、20トン以上50トン未満(不活性のフルオロカーボン)等の設備で高圧ガスの製造をする場合
■貯蔵許可
 ・貯蔵量が、容積1,000m3(不活性ガス以外のガス)以上等の場合
■販売事業の届出
 ・高圧ガスの販売事業を営もうとする者は、販売所ごとに届出が必要です。
■その他
 ・上記以外に、貯蔵の届出、輸入許可、特定高圧ガスの消費等の届出があります。

4 高圧ガス製造保安責任者・販売主任者資格関係について

■試験
 高圧ガスの試験は、毎年11月初旬の日曜日に行われています。
■免状関係事務について
 岡山県では、高圧ガス製造保安責任者免状、販売主任者免状の交付事務を高圧ガス保安協会に委託しています。
 なお申請手続き等は、高圧ガス保安協会にお問い合わせ下さい。

5 申請窓口

申請窓口

6 関連法令

■高圧ガス保安法(昭和26年6月7日法律第204号)
■高圧ガス保安法施行令(平成9年2月19日政令第20号)
■一般高圧ガス保安規則(昭和41年5月25日通商産業省令第53号)
■液化石油ガス保安規則(昭和41年5月25日通商産業省令第52号)
■冷凍保安規則(昭和41年5月25日通商産業省令第51号)
■コンビナート等保安規則(昭和61年12月13日通商産業省令第88号)
■容器保安規則(昭和41年5月25日通商産業省令第50号)

トップページ 組織で探す 知事直轄 消防保安課 高圧ガス保安法について