ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分野で探す > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症 > 肝炎対策(肝炎医療費助成事業、ウイルス性肝炎の検査他)

肝炎対策(肝炎医療費助成事業、ウイルス性肝炎の検査他)

肝炎医療費助成制度

制度の概要

 B型ウイルス性肝炎及びC型ウイルス性肝炎は、インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療及び核酸アナログ製剤治療によって、その後の肝硬変や肝がんといった重篤な病態を防ぐことが可能な疾患です。
 早期治療をすすめ、将来の肝硬変や肝がんなどを予防することを目的として、平成20年4月からインターフェロン治療に係る医療費の助成を、また平成22年4月からB型ウイルス性肝炎に対する核酸アナログ製剤治療に係る医療費の助成を、また平成26年9月からインターフェロンフリー治療に係る医療費の助成を実施しています。

1 対象者

  県が指定する肝炎専門医療機関で、B型ウイルス性肝炎又はC型ウイルス性肝炎と診断された方であって、次の項目のすべてに該当する方が、県に申請を行い、認定を受けた方が対象となります。
  (1) 岡山県内に住所を有する方(住民票上の住所が岡山県内の方)
  (2) 岡山県が定める認定基準 [PDFファイル/51KB]を満たしている方
  (3) 各医療保険に加入している方又はその扶養家族の方
2 助成の内容

  医療機関を受診又は保険薬局を利用する際に、肝炎治療受給者証を提示することで、インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療及び核酸アナログ製剤治療に係る治療費(保険診療分に限る。)の助成を受けることができます。
  ただし、所得に応じて、自己負担限度額(月額)が生じます。(なお、医療保険から支給される高額医療費等は助成額に含まれません。)

3 自己負担限度額(月額)

階層区分

自己負担限度額(月額)

世帯の市町村民税(所得割)課税年額の合計

2万円

235,000円以上

1万円

235,000円未満

4 助成対象医療

 (インターフェロン治療費助成の場合)
・B型ウイルス性肝炎及びC型ウイルス性肝炎の根治を目的とするインターフェロン治療(少量長期投与を除く)及び当該治療に係る検査等で、保険適用になっているもの
・インターフェロン治療による副作用に対する治療(ただし、インターフェロン治療を中断して行う副作用の治療については対象外)で保険適用となっているもの

 (インターフェロンフリー治療費助成の場合)
・C型ウイルス性肝炎の根治を目的とするインターフェロンフリー治療及び当該治療に係る検査等で、保険適用になっているもの
・インターフェロンフリー治療による副作用に対する治療(ただし、インターフェロンフリー治療を中断して行う副作用の治療については対象外)で保険適用となっているもの

 (核酸アナログ製剤治療費助成の場合)
・B型ウイルス性肝炎に対して行われる核酸アナログ製剤治療及び当該治療に係る検査等で保険適用になっているもの
・核酸アナログ製剤治療による副作用に対する治療(ただし、核酸アナログ製剤治療を中断して行う副作用の治療については対象外)で保険適用になっているもの
5 助成期間

  受給者証交付申請書を提出した日の属する月の初日から1年以内で、治療予定期間に即した期間(1年間又は7か月間又は4か月間)
6 申請に必要な書類

(1) 肝炎治療受給者証交付申請書
(2) 肝炎治療受給者証の交付申請に係る診断書(対象治療ごとに所定の様式が異なります。)
(3) 申請者の健康保険証の写し
(4) 申請者及び世帯全員の住民票(原本。続柄及び世帯全員が記載されたもの。発行から3か月以内のもの。)
(5) 住民票に記載された世帯全員分の最新の市町村民税課税証明書(市町村民税の所得割課税年額を証明する書類)
7 申請窓口

  申請者の住所地を管轄する保健所・支所窓口 [PDFファイル/86KB]に提出してください。
  なお、管轄区域以外でも、申請は可能です。
8 助成対象として認定されると

(1) インターフェロン治療費及びインターフェロンフリー治療費助成の場合
  「肝炎治療受給者証(インターフェロン治療)」又は「肝炎治療受給者証(インターフェロン治療(テラプレビル3剤併用療法・シメプレビル3剤併用療法・バニプレビル3剤併用療法))」又は「肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)」と「自己負担額上限額管理票」が交付されます。
(2) 核酸アナログ製剤治療助成の場合
  「肝炎治療受給者証(核酸アナログ製剤治療)」と「自己負担額上限額管理票」が交付されます。
9 肝炎治療受給者証が交付されるまでの間に支払った治療費(償還払い)

 「肝炎治療受給者証」の交付には、申請から2か月程度はかかる場合があります。
 「肝炎治療受給者証」が届くまでの間に、助成の開始月から肝炎治療費に関する医療費・薬剤費を自己負担限度額(月額)を超えて医療機関や保険薬局に支払った場合には、申請者から肝炎治療費等支給申請書(様式第5号)により請求することができます。

申請手続きをされる皆様へ

 ご案内のチラシをご覧いただき、住所地を管轄する保健所・支所へ申請手続きをお願いします。
 

その他の関係様式

 下記の各種様式は、受給者証(原本)、自己負担上限管理票(原本)、変更の内容が確認できる書類(写)等の添付資料が必要となります。
 様式によって添付資料が異なりますので、わからない場合は保健所窓口へご相談ください。

受給者証有効期間の延長について

 受給者証の有効期間は原則として1年ですが、例外的に1年を超えて有効期間の延長が認められる場合もあります。
 ご案内のチラシをご覧いただき、まずは、主治医の先生へご相談ください。

ウイルス性肝炎の検査について

ウイルス性肝炎の検査について

保健所で「B型肝炎」「C型肝炎」のスクリーニング検査を無料で受けられます。

肝炎専門医療機関で「B型肝炎」「C型肝炎」のスクリーニング検査を無料で受けられます。

 注)倉敷市にお住まいの方は、医療機関を受診される前に、倉敷市保健所へ御相談ください。倉敷市保健所保健課 086-434-9810

岡山県肝炎陽性者フォローアップ事業について

この事業は、肝炎ウイルス陽性者に対し、初回精密検査費用及び年2回の定期検査費用(住民税非課税世帯に限る。)の助成等による精密検査の受診や適切な医療を受けられるように受診勧奨等のフォローアップをすることにより、ウイルス性肝炎患者等の重症化予防を図ることを目的としています。

専門的な医療の提供

 肝炎一次専門医療機関の届出は随時受付をしています。
      ※日本肝臓学会専門医でない医師を担当医として届け出る場合は、専門医の推薦書の提出をお願いしています。

肝疾患に関する地域連携パスについて

 B型慢性肝炎及びC型慢性肝炎は、肝炎ウイルスに感染して肝臓の細胞が壊れていく病気です。この病気になると、徐々に肝臓の機能が失われていき、放置すると高率で、肝硬変や肝がんになる恐れがあります。このため、慢性肝炎の段階から、かかりつけ医と肝臓専門医が連携して、適切な医療が継続して提供されることが重要です。
 そこで、岡山県では、かかりつけ医と肝臓専門医が連携を行いやすくするため、次のような地域連携パスを作成しましたので、是非ご活用ください。
 ご希望の場合は、健康推進課までご連絡をお願いします。

肝炎ウイルスキャリア診療の手引き

肝炎患者支援手帳「もも肝手帳」について

 県では、肝炎に関する知識、肝炎の治療法、肝炎医療に関する助成制度などの情報を取りまとめた肝炎患者支援手帳「もも肝手帳」を作成しました。
 この手帳は、保健所・支所、市町村、地域肝炎対策サボーター、協力医療機関から、肝炎ウイルス検査の結果陽性と判明した人、B型慢性肝疾患またはC型慢性肝疾患の治療を受けている人のうち希望する人に配布しております。

地域肝炎対策サポーターについて

 肝炎ウイルスに感染していても自覚症状がほとんどないことから、感染していることを知らない方や感染が判明しても専門医療機関を受診していない方が、多数存在することが推定されます。
 このため岡山県では、市町村の保健師、医療機関の医療従事者、職域の健康管理担当者等を対象として、肝炎ウイルス検査の受検勧奨や検査の結果陽性と判明した人を肝炎専門医療機関へ受診勧奨するための知識と能力を習得した人材「地域肝炎対策サポーター」の養成に取り組んでいます。 
 
 県が開催する地域肝炎対策サポーター研修会を受講し、受講者の勤務先等からサポーター登録の申し込みがあったとき、受講者を地域肝炎対策サポーターとして登録しています。県では、地域肝炎対策サポーターの勤務先等を肝炎対策に積極的に取り組んでいる団体として、ホームページに掲載し広く県民にお知らせします。

肝炎相談事業について

 岡山県肝疾患診療連携拠点病院である岡山大学病院では、肝炎相談事業を行っています。
 岡山大学病院以外の医療機関へ受診をされている皆様方もどうぞお気軽にご利用ください。

肝炎対策の概要について

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、健康推進課までお願いします。


トップページ > 分野で探す > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症 > 肝炎対策(肝炎医療費助成事業、ウイルス性肝炎の検査他)