ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 諸局 労働委員会事務局 個別的労使紛争の相談とあっせんとは

個別的労使紛争の相談とあっせんとは

個別的労使紛争の相談とあっせん

労働者個人と使用者との間の紛争について、専門家が、公正・中立な立場から紛争解決のお手伝いをします。

この制度を利用できるのは?

 県内の事業所に勤務する労働者個人と、その使用者です。
 例えば、労働者が使用者から処分等(解雇や賃下げ、配置転換など)を 受け、その処分等について労働者が納得せず、労働者と使用者とが現に対立し ている状態の場合に、この相談とあっせんの制度が利用できます。
 なお、費用は無料で、秘密は守られます。

相談員はどんな人?

 労使紛争調整の専門家である岡山県労働委員会の、公益委員(大学教授、弁護士など)、労働者委員(労働組合役員など)、使用者委員(企業経営者、 使用者団体役員など)が、3人一組で、公正・中立な立場から相談とあっせんを行 います。
 相談員は、候補者名簿の中から会長が指名します。

申請は?

 所定の申請書を直接事務局に提出してください。(電話、Fax、電子メールなど による申請は認められません。)訴訟手続が進行中の紛争や解決不可能なことが明らかな紛争など、内容によっ ては、相談に応じられない場合があります。

相 談

 公労使相談員(3名)が相談に応じ、助言します。
 あっせんによる解決が適当と考えられる場合で、紛争当事者双方が希望されるときには、あっせんの日程を調整します。

あっせん

 その紛争を担当した相談員(3名)が、あっせん員となって労使双方の主張を確かめ、合意点を探りながら、話し合いによる解決へのお手伝いをします。

相談とあっせんの流れ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 諸局 労働委員会事務局 個別的労使紛争の相談とあっせんとは