ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総務部 税務課 にせ税務職員にご注意ください!

にせ税務職員にご注意ください!

 県内でも税務職員を装い、金融機関のキャッシュコーナーで税金の還付金が受け取れるとの電話がかかるという事件が発生しています。
 納税者の皆様が不測の被害に巻き込まれないよう、次の点にご注意願います。

税務職員を装った「振り込め詐欺」にご注意ください!!

1 県税の還付金の受取のためにATMの操作を求めることはありません。

 県税の還付については、事前にご指定のあった預貯金口座への振り込み又は小切手の郵送により行っていますので、納税者の皆様にATMの操作を求めることはありません。

2 県税の納税のために預貯金口座を指定して振込を求めることはありません。

 県税の納付は、所定の納付書で金融機関等の窓口で納付いただいており、振込をお願いすることはありません。
 なお、滞納処分の際など、県税務職員が県税の納付のための現金や小切手を受領する場合は、必ず「県税領収書」をお渡しすることとしています。

3 職員は身分証明書を携行しています。

 県税務職員が、ご自宅や勤務先を訪問する場合は、必ず顔写真付きの身分証明書(「徴税吏員証」又は「徴収嘱託員証」)を携帯しています。
 また、身分証明書の提示を求められた場合には、必ず提示しなければならないこととなっています。

電話により岡山県の税務職員を装い、家族の電話番号や勤務先などを聞き出す悪質な事例も多発しています。特に、具体的な所属や氏名を名乗るなど、手口もより巧妙化しています。

 特徴としては、非通知でかかってくること、税の還付があるとの理由で聞き出そうとすること、若い人の電話番号を親御さんから聞き出そうとすること、聞き返したり疑うようなそぶりをみせると税は返せない、と高圧的な態度になること、などです。
 岡山県の税務職員が納税者の皆様に電話をするのは、原則的には、提出していただいた申告書類などの内容を確認するときや納期限を過ぎた税金について納税のお願いをするときなどです。
 もし、このような電話がかかってきた場合には即答せず、まず相手の所属、氏名及び連絡先をご確認ください。そして不審に思われる際には、電話をかけ直すなどにより、被害に遭われることのないようくれぐれもご注意願います。

県民の方から通報があった具体的事例

不審な点があるときは、その場で所管の県民局税務部あるいは県税務課にお問い合わせください!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 総務部 税務課 にせ税務職員にご注意ください!