ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 道路建設課 スマートIC

スマートIC

概要

 国土交通省では、建設・管理コストの削減が可能なスマートIC(ETC専用IC)の導入を検討しています。
 スマートICの運営上の課題や整備効果等を把握するため既存のSA・PA・BSにETC専用の仮出入口を設置する社会実験を都道府県等と共同で実施しています。
 中国地方では、中国自動車道大佐SA、加計BS及び浜田自動車道金城PAが平成16年12月18日(土曜日)、 山陽自動車道吉備SAが平成17年10月15日(土曜日)、山陽自動車道宮島SAが平成20年3月2日(日曜日)より社会実験を行いました。
 大佐SA、加計BSでは、平成18年10月1日より本格運用を開始しました。
 金城PA、吉備SAでは、平成19年4月1日より本格運用を開始しました。
 宮島SAでは、平成21年4月1日より本格運用を開始しました。
 大山PAでは、平成23年6月30日より本格運用を開始しました。

関連リンク


トップページ 組織で探す 土木部 道路建設課 スマートIC