ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 経営支援課 保証料率

保証料率

保証料率

 保証料率は、中小企業者の経営状況に応じて、9区分の料率体系が設定されています。

 岡山県中小企業者向け融資制度における保証料率は、下表のとおり、信用保証協会が設定した保証料率よりも低く設定し、運用しています。

通常の保証料率 【保証料率1】

単位(年):%

区 分

保証協会の

基準保証料率

1.90

1.75

1.55

1.35

1.15

1.00

0.80

0.60

0.45

保証料率1

1.52

1.40

1.24

1.08

0.92

0.90

0.80

0.60

0.45

小規模企業支援資金(小口零細)の保証料率 【保証料率2】

単位(年):%

区 分

保証協会の

基準保証料率

2.20

2.00

1.80

1.60

1.35

1.10

0.90

0.70

0.50

保証料率2

1.76

1.60

1.44

1.28

1.08

1.00

0.90

0.70

0.50

経営革新資金の保証料率 【保証料率3】

単位(年):%

区 分

保証協会の

基準保証料率

1.90

1.75

1.55

1.35

1.15

1.00

0.80

0.60

0.45

保証料率3

1.32

1.20

1.04

0.88

0.72

0.70

0.70

0.50

0.35

(注1)保証のご利用にあたっては、信用保証協会の審査があります。ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。
(注2)次に該当するときは、県の設定した料率からさらに割引が実施される場合があります。割引率については保証協会にご確認ください。
 ・資金使途が設備資金のみの場合 
 ・小規模企業支援資金を利用される場合
 ・新規創業資金を利用される場合
 ・有担保の場合
 ・会計参与を設置されている場合
(注3)経営安定関連保証などの特例保証を利用される場合は、経営状況に関わらず一律の料率が適用されます。
(注4)保証料率の引下げにあたっては、信用保証協会のご協力をいただいています。

トップページ 組織で探す 産業労働部 経営支援課 保証料率