ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 自然環境課 生活環境部指定管理者候補選定委員会議事概要

生活環境部指定管理者候補選定委員会議事概要

第2回生活環境部指定管理者候補選定委員会議事概要

日時:平成21年10月30日(金曜日)午後1時から午後3時5分まで
場所:三光荘パブリゾン1
出席者:生活環境部指定管理者候補選定委員会委員6名
     ※全員の出席により会議は成立
     事務局:生活環境部県民生活課、自然環境課

概要

1 委員会運営
 ・審査手順について事務局から説明した。
2 主な議事の内容(委員意見)
  申請団体からのプレゼンテーションを行った上で、管理運営の基本方針、サービス向上につながる質の高い管理運営に向けた取組、危機管理に関する取組、効率的な管理運営の取組、申請者の管理運営体制、申請者の経理的基礎、Isoなど社会貢献等への取組状況の各審査項目ごとに審査を行った。
  主な意見は次のとおり。

 〈基本方針〉
  ・今回申請するに当たって一番のポイント、ここだけは、どの会社が来ても、組織が来ても負けないと言うポイントはどこか。
 〈サービス向上〉
  ・法人の他部門との連携による環境学習の推進等が期待できる。
  ・ボランティアの人達のレベルも高いので、適切なアドバイスが出来る能力をスタッフが持っていないといけないが、センターのスタッフの力はどうか。
  ・職員のモチベーションへの配慮をどうしているのか。
  ・適正利用者数が分からないが、自然を壊さない範囲で集客に力を入れて貰いたい。
 〈管理運営体制〉
  ・法人及び施設の指揮命令系統等の管理運営体制並びに事業計画が優れている。
   ・理事の中で、自然保護に関連する知識、能力がある方、法人の内部統制の観点から外部の第三者なり、弁護士、税理士、公認会計士等が入っているのか。
  ・所長予定者のパーソナリティはどうか。
  ・センターのボランティアガイドさんを幾らかでも有料にしたら、もっと元気が出るのではないか。

3 採点表の集計結果
 ・採点表の集計結果は次のとおり   (600点満点)
   財団法人岡山県環境保全事業団  444点
   財団法人岡山県郷土文化財団    392点
 ・採点結果を踏まえ、財団法人岡山県環境保全事業団を指定管理者候補として選定した。

4 今後の日程について
  今後の日程について、次のとおり説明した。
 ・選定結果については、後日申請者に通知する。
 ・平成21年11月定例県議会の議決を経て、指定管理者に指定する。

トップページ 組織で探す 環境文化部 自然環境課 生活環境部指定管理者候補選定委員会議事概要