ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分野で探す > しごと・産業 > 建設業 > 建設業の許可 > 建設工事紛争審査会のご案内

建設工事紛争審査会のご案内

建設工事紛争審査会の概要

建設工事紛争審査会は、建設工事の請負契約をめぐるトラブルの解決を図る準司法機関で、各都道府県と国土交通省(中央)に置かれています。

 雨漏りなどの工事上の欠陥(瑕疵)があるのに補修してくれない、工事代金を支払ってくれないといった建設工事の請負契約を巡る紛争の解決を図るためには、建設工事に関する技術、商習慣などの専門的な知識が必要となることが少なくありません。

 建設工事紛争審査会は、こうした建設工事の請負に関する紛争について、専門家により、公正・中立な立場に立って、迅速かつ簡便な解決を図ることを目的として設置された公的機関です。

 なお、建設工事紛争審査会は、不動産の売買に関する紛争、工事に伴う近隣者との紛争、直接契約関係にない元請・孫請間の紛争などは取り扱うことができません。

 また、建設業者を指導監督したり、技術的な鑑定を行う機関ではありません。

建設工事紛争審査会は、「あっせん」、「調停」、「仲裁」のいずれかの手続きに従って紛争の解決を図ります。

 弁護士や建築の専門家などの委員の中から担当委員が指名され、担当委員は紛争当事者双方の主張を聞き、当事者双方から提出された証拠を基に紛争の解決を図ります。

 手続きとしては「あっせん」、「調停」、「仲裁」の3種類がありますので、申請される方は、紛争の内容、解決の難しさ、緊急性などを考慮して、いずれの手続きによるかを選択します。

 いずれの手続きも原則非公開で行われます。建設工事紛争審査会における手続きの流れ、申請方法など詳細は、次の建設工事紛争審査手続きの手引きをご覧ください。

建設工事紛争処理手続きの手引き(手続きの流れ・費用・申請方法等)

紛争審査関係様式集

岡山県建設工事紛争審査会について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、監理課までお願いします。


トップページ > 分野で探す > しごと・産業 > 建設業 > 建設業の許可 > 建設工事紛争審査会のご案内