ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児島港

児島港のあらまし

 児島港は、倉敷市中南部の倉敷市児島に位置し、味野と琴浦の2地区があります。
 味野地区には明治時代には郡役所が設置され、製塩や織物業などの産業で全国的にも知られ、南児島の要路として海上運送の中心となっています。また、琴浦地区の田の口港は港の背後にある由加神社の玄関口として、讃岐金刀比羅宮と由加神社への両参りの参詣人で賑わっていました。味野・琴浦両港は昭和15年に指定港湾となり、さらに昭和34年に合併して児島港となりました。
 児島港は、宇野港の築港、鉄道や自動車輸送の発達、塩田の廃止などにより港勢が衰微しましたが、現在では、本四架橋によってJR瀬戸大橋線が背後を通り、味野地区塩田跡は近代的に整備され、JR児島駅が設置されています。児島駅の設置と同時に、隣接する元浜地区に児島観光港が整備され、瀬戸大橋観光の遊覧船が発着しています。
空撮

児島港の指定状況・関係官署

位置岡山県倉敷市
港湾法地方港湾水島港湾事務所
086-444-7141
港則法適用港湾
(琴浦港、味野港)
水島海上保安部
086-444-9701
関税法不開港 

児島港位置図

位置図

児島港Link

         児島港の管理を行っています(使用許可事務を除く)。