ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

北木島港

北木島港のあらまし

 北木島港は、笠岡港から南へ15kmの笠岡諸島最大の島、北木島に位置する岡山県管理港湾では唯一の離島港湾です。
 江戸期の北木島港は自然の浜を利用したもので、明治初期、現在の大浦泊地の北防波堤を延長し、大正、昭和と引き継がれ、現在の防波堤の先端部分は昭和24年に完成しました。
 北木島は北木石とも呼ばれる花崗岩の産地であり、港湾取扱貨物の主なものもこの花崗岩で、建築材、石灯籠、墓碑などとして、阪神・東京方面に移出されています。
 昭和53年には楠地区に県営の浮桟橋が設置され、大浦地区では物揚場等の整備が行われるなど、人流、物流機能が整備されています。
 北木島には海水浴場やキャンプ場もあり、シーズン中には多くの人が訪れます。
空撮

北木島港の指定状況・関係官署

位置岡山県笠岡市
港湾法地方港湾井笠地域事務所
井笠地域建設課
0865-63-5252
笠岡市建設管理課(使用許可)
0865-69-2134
港則法非適用水島海上保安部
086-444-9701
関税法不開港 

北木島港位置図

位置図

北木島港Link

         地元笠岡市のページ
         各島の住民全員が社員という、元気な団体。フィルムコミッションのページに、島へのアクセスが紹介されています。北木島のページもあります。