ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 経営支援課 事業継続計画(BCP)策定について

事業継続計画(BCP)策定について

 新型インフルエンザや地震・風水害等の自然災害などの企業が遭遇する緊急事態は、何時起こるかわかりません。
 このため、企業においては、こうした緊急事態を踏まえた事業継続への取り組み「事業継続計画(BCP=Business Continuity Plan)」の策定が求められています。
 事業継続計画(BCP)の策定は、社員の方の安全確保、重要業務の継続、信用力の向上など、緊急時のリスク回避・軽減はもとより、企業価値の向上にもつながります。
 詳細は、下記の中小企業庁ホームページを参照してください。

事業継続計画(BCP)とは

 企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のこと。

関連リンク

 中小企業庁では、「中小企業BCP策定運用方針」を策定し、ホームページで閲覧することができます。

トップページ 組織で探す 産業労働部 経営支援課 事業継続計画(BCP)策定について