ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 文化財課 平成21年度「おかやま子ども民俗芸能大会」を開催しました。

平成21年度「おかやま子ども民俗芸能大会」を開催しました。

平成21年度 おかやま子ども民俗芸能大会

平成21年11月8日の日曜日、岡山市北区建部町の建部文化センターにて、子どもたちが中心となって民俗芸能に取り組んでいる5団体により民俗芸能の実演発表が行われました。

実践女子大学 田中英機教授の分かりやすい解説により進行していきました。
子どもたちによる熱演のあと、演目ごとに出演団体代表の子どもたちにインタビューが行われ、子どもたちの素直な回答に、会場から笑いや拍手が沸き起こりました。

当日は650名の方にご来場いただき、子どもたちの頑張る姿をご覧いただき、その裏にある一生懸命に練習を積み重ねる姿を思い浮かべながら、伝統芸能を継承していく大切さを感じていただけたことと思います。
 

開催概要

≪目  的≫県内に伝わる民俗芸能の鑑賞機会を広く県民の皆様に提供することで、民俗芸能に対する理解と関心を深めるきっかけとしていただき、さらに、子どもたちを中心とした民俗芸能団体に発表の場を提供して、後継者の育成を図る。
≪開 催 日≫平成21年11月8日(日曜日)
≪時  間≫午後13時から16時
≪開催場所≫建部町文化センター 大ホール (岡山市北区建部町建部上899番地)
≪入 場 料≫無料

≪解説・案内≫

解説田中英機氏(実践女子大学教授)
岡山弁の案内役内藤繁子さん
≪主 催 等≫
主催 :おかやま子ども民俗芸能大会実行委員会
共催 :岡山県教育委員会
後援 :岡山市教育委員会,吉備中央町教育委員会,井原市教育委員会,奈義町教育委員会,岡山民俗学会,(社)岡山県文化連盟,岡山県文化財保護協会,山陽新聞社,岡山日日新聞新社,NHK岡山放送局,RSK山陽放送,OHK岡山放送,RNC西日本放送,KSB瀬戸内海放送,TSCテレビせとうち,oniビジョン
助成 :(財)福武教育文化振興財団,(財)エネルギア 文化・スポーツ財団,(財)岡山県教育弘済会,(財)岡山県教育職員互助組合

演目

横仙歌舞伎 〔奈義町〕 横仙歌舞伎こども歌舞伎教室
横仙歌舞伎写真
横仙歌舞伎写真
横仙歌舞伎写真
  • 横仙歌舞伎は、那岐山のふもと横仙地方一帯に伝わる農村歌舞伎の一つです。この日に舞われた三番叟は基本的に3人が同じ振り付けで舞うのが大きな特徴です。

最上太鼓 〔岡山市〕 県立高松農業高等学校農業クラブ郷土芸能部
最上太鼓写真
最上太鼓写真
最上太鼓写真
  • 最上太鼓は、最上稲荷の門前町である高松地区に江戸時代から伝わっていたものをもとにして作られています。大鳥居に守られた吉備の広野とそこに生きる人々のたくましさを太鼓のリズムで表現しています。

備中神楽 〔井原市〕 ふる里子供神楽、備中神楽保存会小中学生伝承教室
備中神楽写真
備中神楽写真
備中神楽写真
  • 備中神楽は、備中一円に伝承されている神楽です。日本誕生の神話の中から3編が劇化されて演じられており、この日は「大蛇退治」が演じられました。

吉川八幡宮当番祭子ども祭り囃子 〔吉備中央町〕 吉川地域文化伝承教室
吉川八幡宮当番祭子ども祭り囃子写真
吉川八幡宮当番祭子ども祭り囃子写真
吉川八幡宮当番祭子ども祭り囃子写真
  • この祭囃子は吉川八幡宮当番祭の例大祭で奉納される囃子です。当番祭は約1ヶ月にわたって行われる大変珍しい祭りで、子ども祭り囃子はこの祭りを盛り上げる大切なものです。

多自枯鴨神社の棒遣い/七社八幡宮神楽 〔岡山市〕 多自枯鴨神社棒遣い保存会/七社八幡宮神楽保存会
七社八幡宮神楽写真
多自枯鴨神社の棒遣い写真
七社八幡宮神楽写真
  • この棒遣いは多自枯鴨神社に伝わるお祓いの神事で、災難を打ち払い、悪魔・悪霊を退散させます。また、七社八幡宮神楽は「建部祭り」で奉納される神楽です。建部祭りは七社八幡宮に5社の神楽と1社の棒遣い、8社のみこしが集まってにぎやかに行われます。

 アトラクション 建部はっぽね太鼓
建部はっぽね太鼓
交流プログラム
フィナーレ
  • 建部はっぽね太鼓は平成12年に建部町の地域おこしのために発足した和太鼓サークルです。「はっぽね」とは建部町の方言で「頼りになる、頼れる、中心的」という意味です。
  • サークルメンバーの力強い演奏のあと、出演いただいた子どもたちと、さらに会場とが一緒になって交流プログラムが行われました。県内各地の民俗芸能に取り組んでいる子どもたちの輪が広がりました。

アンケート

 ご来場の皆さまにアンケートにご協力いただきました。
 アンケートにご回答いただいた方のおよそ6割が岡山市からのご来場でした。
 年齢は60歳以上の方がおよそ4割でしたが、30から40代の方も約3割ほどいらっしゃいました。
 出演する団体に関係のある方がおよそ4割でした。

 〔感想〕
 「子どもたちのがんばる姿に感動した。」
 「県内のいろんな地域の伝統文化を見て知ることができた。」
 「世代を超えたつながりが大切にされていることを感じた。」
 「伝統文化を楽しいと思える子どもに育っていることが素晴らしい。」
 「地域と学校との連携で伝統文化を学校教育でも伝えてほしい。」
 等々、その他にもたくさんの子どもたちへの励ましの声・感動したとの声・ご好評をいただきました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 文化財課 平成21年度「おかやま子ども民俗芸能大会」を開催しました。