ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 へき地医療提供体制の整備

へき地医療提供体制の整備

へき地医療提供体制

 国の「へき地の医療体制構築に係る指針」等に基づき、岡山県のへき地医療提供体制を構築しています。
 岡山県内には47カ所のへき地診療所が設置されています。これらのへき地診療所に対して、へき地医療拠点病院・へき地医療支援病院等から医師派遣等の支援が行われています。
 
 岡山県へき地医療支援機構を設置し、広域的なへき地医療支援事業の企画・調整等を行い、へき地医療に係る各種事業を円滑かつ効率的に実施することを目的としています。

リンク先

自治医科大学について

 自治医科大学は、医療に恵まれないへき地等における医療の確保向上及び地域住民の福祉の増進を図るため、昭和47(1972)年に全国の都道府県が共同で設立した大学です。
 医学部は全寮制で、入学金や修学資金は必要ありません。6年間で計2,300万円の貸与が受けられ、一定期間(貸与期間の1.5倍)出身都道府県の指定する医療機関で勤務すると、返還が免除されます。
 ○出願資格、出願手続き等
   本課へお問い合わせいただくか、自治医科大学のホームページを参照してください。

  自治医科大学    自治医科大学のホームページへ     

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 へき地医療提供体制の整備