ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 動物愛護管理について

動物愛護管理について

動物愛護管理について

 動物愛護の基本は、人においてその命が大切なように、動物の命についてもその尊厳を守るということにあります。
 ペット動物に限らず、家畜や実験動物等として動物を利用することは、人間が生活していくうえで必要不可欠なことですが、
動物を利用するからには、その命に敬意を表して、できるだけ大切に扱うということが動物愛護の考え方です。

人と動物が共存できる豊かな地域社会づくり

 犬やねこ等の動物は、飼育し、ふれあうことで心身をリラックスさせ、高齢者等の伴侶(コンパニオンアニマル)となり、
心の支えになってくれると言われています。また、動物は子供たちに、生命の大切さを体験させることができます。
 このように、動物は人々の暮らしを豊かにする良きパートナーともなっている一方で、適正な管理知識や愛護思想の欠如等から
さまざまな問題も生じています。
 これからは、人間が自然のなかのひとつの生命であることを再認識し、共に生きるすべての生き物を尊重するような
「人と動物が共存できる豊かな地域社会」を築いていくことが必要です。
 このため本県では、岡山県動物愛護センターを拠点として、動物愛護思想の普及啓発、動物管理及び動物由来感染症の対策等の
動物行政を総合的に推進しているほか、全県的に動物愛護の気運を醸成するため、動物愛護思想の適正な飼養方法の普及啓発などを
行う団体として(財)岡山県動物愛護財団を設立し、住民参加による動物愛護への協力・支援を行う組織の育成をしています。
バナー
リンク 岡山県動物愛護財団

トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 動物愛護管理について