ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 営業の許可

営業の許可

営業の許可

食品関係の営業を行う場合、食品衛生法に基づく営業の許可が必要となる場合があります。詳しくは、営業所を所管する保健所にご相談下さい。 
○営業の許可が必要な業種
調理業

●飲食店営業(一般食堂、料理店、すし屋、そば屋、旅館、仕出し屋、弁当屋、レストラン、カフェ、バー、キャバレーその他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業)
●喫茶店営業(喫茶店、サロンその他設備を設けて酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業)

製造業

●菓子(パン製造業も含む) 
●あん類
●アイスクリーム類(アイスクリーム、アイスシャーベット、アイスキャンデー、みぞれ等)
●乳製品(粉乳、れん乳、発酵乳、クリーム、バター、チーズ等)
●食肉製品(ハム、ソーセージ、ベーコン等)
●魚肉ねり製品(魚肉ハム、魚肉ソーセージ、鯨肉ベーコン、かまぼこ等)
●冷凍食品 
●清涼飲料水 
●乳酸菌飲料 
●氷雪 
●食用油脂
(サラダ油、天ぷら油等)
●マーガリン又はショートニング
●みそ 
●しょうゆ
 
●ソース類(ウスターソース、果実ソース、果実ピューレ、ケチャップ、マヨネーズ)
●酒類 
●豆腐 
●納豆
●めん類
(生めん、ゆでめん、乾めん、そば、マカロニ等)
●そうざい(通常副食として供される煮物、焼物、揚物、蒸し物、酢の物、和え物)
●かん詰又はびん詰食品(他の許可業種以外のもの)
●添加物(規格が定められた添加物)

処理業

●乳処理(牛乳、脱脂乳、加工乳、山羊乳を処理又は製造する)
●特別牛乳さく取処理
●集乳(生牛乳又は生山羊乳を集荷し、保存する)
●食肉処理(鶏、あひる、七面鳥、牛、豚、馬、羊、山羊以外の鳥獣畜をと殺、解体する、又は鳥獣畜の肉等を分割、細切りする)
●食品の放射線照射

販売業

●乳類(直接飲用される牛乳、山羊乳、乳飲料、乳を主要原料とするクリーム)
●食肉
●魚介類(店舗を設け、鮮魚介類を販売する)
●魚介類せり売(鮮魚介類を魚市場においてせりの方法で販売する)
●氷雪(卸売りの場合)

このほか、ふぐの処理や魚介類行商を行う場合は岡山県の条例に基づく手続きが必要です。
○許可の手続きは営業所を所管する保健所で行います。
1事前相談

施設が食品衛生法施行条例で定められた営業施設基準 [PDFファイル/450KB]に合うかどうか予め相談します。

2申請書類の提出

提出書類 (1)営業許可申請書 (2)施設の図面 (3)手数料
      (4)食品衛生責任者設置届出書あるいは食品衛生管理者設置届
      (5)水質検査成績書(井戸水等を使うとき)

3現地審査施設が営業施設基準に合っているか食品衛生監視員がチェックします。
4許可書の交付現地審査に合格すれば許可書が交付されます。

 (1)営業を休止、廃止、再開したとき
 (2)申請事項(営業者の氏名及び住所、営業所の名称、営業設備)を変更したとき
 (3)食品衛生責任者を変更したとき
 (4)営業許可を承継するとき(相続用)
 (5)営業許可を承継するとき(合併、分割用)
        などは届出などの手続きが必要ですので、所管の保健所へ御連絡下さい。 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 営業の許可