ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 人権施策推進課 UD啓発ワゴンサービス【平成21年度~平成23年度】

UD啓発ワゴンサービス【平成21年度~平成23年度】

ユニバーサルデザイン(UD)啓発ワゴンサービスは終了しました。

 県内各地域でのユニバーサルデザインの普及啓発等のため、NPOと協働して、専用啓発自動車によるユニバーサルデザイン巡回(訪問)啓発サービスを実施しています。

公民館やホール・会館施設などへ「お出かけUD展示・体験会」

 地域の公民館・図書館、ホール・会館施設、地域福祉センターなどの集客施設や商店街などの一角をお貸しいただければ、専用啓発自動車でUD訪問啓発サービスを県内どこへでもお出かけサービス。
 会場のスペースと長机数本をお貸しいただければ、訪問経費は無料です。
 

サービスメニュー(例)

1 啓発用パネル等の展示・説明

・おかやまユニバーサルデザイン「身近にあるUD」パネル(A1版5枚)
・UDほっとステーションおかやまパネル(A1版2枚)
・UDアイデアコンテスト優秀作品パネル(A3版8枚)
・UDまどいモデル事業(体験交流型UDイベント)成果DVDの放映
・その他、啓発用パンフレット類の展示・頒布
・UDを題材とした紙芝居の展示・実演
 

2 UDグッズの展示

・文房具(ホッチキス、ノート、ペン、消しゴムなど)
・日用品(計量カップ、おたま、UD食器、シャンプー&リンス、傘など)
・玩具(UDトランプ、UDオセロ、触ってわかる日本地図など)
 

3 UD体験

・高齢者疑似体験(障害者・妊婦疑似体験)
 うで、ひざ等にオモリや装具を付けて高齢者等の疑似体験を行います。
・車いす体験と介助体験
 車いすの扱い方と介助の仕方を学びます。(会場備付の車いすも使用・点検します。)
・視覚障害疑似体験と介助体験
 アイマスクや特殊メガネを装着して視覚障害の体験と介助の仕方を学びます。
 

4 ユニバーサルデザイン・ミニ講座

 ユニバーサルデザインについて、パソコンとモニター画面を使ってやさしく説明します。(30分から90分程度)なお、ミニ講座受講者で賛同していただける方は、「おかやまUDサポーター」になっていただきます。〔おかやまUDサポーターは、現在、約2万8千人(2010.3月)〕
 

5 必要なスペース等

・ロビー等の一角で2m×2m(4平方メートル)程度から(※会場の形状に合わせて設営します。)
・長机(45×180cm)=2本から3本、パイプいす
※その他、必要な資器材(32型モニター、DVD、車いす等)は、持ち込みます。
 

トップページ 組織で探す 県民生活部 人権施策推進課 UD啓発ワゴンサービス【平成21年度~平成23年度】