ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 文化財課 平成20年度 国指定史跡の追加指定について

平成20年度 国指定史跡の追加指定について

2月12日付けで、次の国指定史跡が追加指定及び名称変更となりました。
 
種別名称ふりがな所有者所在地備考
史跡備前陶器窯跡
 伊部南大窯跡
 伊部西大窯跡
 伊部北大窯跡
びぜんとうきかまあと
 いんべみなみおおがまあと
 いんべにしおおがまあと
 いんべきたおおがまあと
備前市・個人備前市伊部東竃(ひがしがま)旧指定名称:伊部南大窯跡
(昭和34年5月13日指定)

≪追加指定の理由≫

 中世から近代を通じて我が国有数の陶器である備前焼のうち、中世末から近世にかけての時期に成立した伊部南大窯跡のほかに、同時に成立して中心的な窯場となる西大窯、北大窯を追加して一体的に保護を図るもの。
 
≪史跡の概要≫

 室町時代末期に築かれたといわれる備前焼の大窯は、榧原山麓に南大窯跡、医王山麓に西大窯跡、不老山麓に北大窯跡があり、いずれの窯でも長大な規模をもつ複数の窯跡が見つかっている。3か所の大窯は、岡山藩の保護と統制を受けながら、窯元六姓の制度の中で幕末まで操業された。
 
 
伊部南大窯跡
伊部西大窯跡・伊部北大窯跡

トップページ 組織で探す 教育委員会 文化財課 平成20年度 国指定史跡の追加指定について