ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総務部 > 東京事務所 > 池田山公園 岡山藩下屋敷

池田山公園 岡山藩下屋敷

ももっちのちょっと発見 首都圏の中のおかやま

池田山公園 岡山藩下屋敷

 東京・東五反田の高台にある閑静な住宅地、池田山。江戸時代、岡山藩主の池田家が、この地に約38000平方メートルの広大な下屋敷を構えたことに始まる。近くを流れる目黒川から見上げると小高い山に見えたというこの高台は、いつしか地域の人々から「池田山」と呼ばれ、親しまれてきた。 
 1668年(寛永8年)、池田家下屋敷は建てられた。広大な敷地には、カモ場もあり、遠くに富士山を望むことができたという。大崎村にあったことから「大崎屋敷」とも呼ばれていた。
 昭和初めまでは池田家ゆかりの方が住んでいたが、その後、住宅分譲地として売り出され、都内有数の高級住宅地に姿を変えた。
 池田山の頂上から北に向かって坂道を下ると、「池田山公園」が見えてくる。品川区が旧池田邸の一部約7千平方メートルを買収して整備を進め、昭和59年に池泉回遊式の庭園として開園させたものだ。
 当時、公園の整備に携わった品川区の担当者は「土地を所有していた青果市場から購入した。庭園はだいぶ荒れていたが、手入れすれば立派な公園になると思ったし、地域の人々が池田山の歴史を知るきっかけにしたかった」と振り返る。JR山手線の内側、300mほど西に首都高速道路が走る都心の一角だが、喧騒とは無縁の落ち着いたたたずまい。品川百景の一つにもなっている。
 園内には下屋敷が構えられた頃に造られたといわれる池があり、都心では珍しくなったわき水の中をコイが泳ぐ。緑豊かで桜や紫陽花などの四季折々の花も楽しめ、心安らぐ癒しのスポットとして親しまれている。

■ 池田山公園
住  所:品川区東五反田5-4-35
交  通:JR五反田駅、JR目黒駅から
     各徒歩約15分 ※駐車場無し
開園時間:7時30分から17時00分(7月から8月は18時00分まで)
休園日:12月29日から1月3日
入園料金:無料
公園内の風景

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、東京事務所までお願いします。


トップページ > 組織で探す > 総務部 > 東京事務所 > 池田山公園 岡山藩下屋敷