ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 農産課 農薬飛散防止対策の徹底(ポジティブリスト制度への対応)

農薬飛散防止対策の徹底(ポジティブリスト制度への対応)

 平成18年5月から、残留農薬基準に係るポジティブリスト制度が施行されました。
 これにより、農作物への農薬残留に対する監視がたいへん厳しくなり、今まで以上に、農薬散布時の周辺ほ場に対する飛散防止対策が重要になります。
 農薬を散布する人はもちろんのこと、近接する水田、畑の所有者・管理者も飛散防止対策に細心の注意を払いましょう。
 また、市町村や農協等においては、個別の対策だけではなく、地域全体での連携により効果的な取り組みが行えるよう、推進・指導に努めましょう。

制度の概要


農薬飛散防止対策関連資料

※平成19年4月16日付けで岡山県農林水産部長から関係機関・団体、防除業者等へ通知した文書です。
※国で作成されたパンフレットです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 農産課 農薬飛散防止対策の徹底(ポジティブリスト制度への対応)