ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

口蹄疫

口蹄疫

 口蹄疫は、平成22年4月に10年ぶりに宮崎県において発生し、甚大な被害を及ぼしました。
 現在も、海外においてはアジアを中心として発生が継続しており、いつ日本に侵入してもおかしくない状況が続いています。
 牛や豚、羊などの偶蹄類を飼養している畜産農家の皆さんは引き続き飼養衛生管理基準の遵守に努めてください。
 家畜保健衛生所では各農場の巡回による監視の強化に努めています。

・ 口蹄疫とは( 動物衛生研究所ホームページへリンク )

   病気の原因や症状、診断方法等が掲載されています。