ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公的個人認証サービス

公的個人認証サービスについて

お知らせ

公的個人認証サービスとは

 インターネットを通じて安全・確実な行政手続き等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を全国どこに住んでいる人に対しても安い費用で提供するものです。

 この公的個人認証サービスを利用することによって、ご自宅や職場などのパソコンから様々な行政手続き等を行うことができます。

公的個人認証のしくみ

 サービスの利用希望者は、市町村窓口でICカードに暗号化のための鍵ペアと電子証明書を収め、これを用いて自宅のパソコンなどから申請文書等に電子署名を付けて電子申請や電子申告などを行います。

 電子申請等を受け付けた行政機関等では、電子署名や電子証明書の有効性を検証することにより、第三者のなりすましや申請文書等の改ざんのないことが確認できます。

公的個人認証サービスの利用方法

1 電子証明書の発行

(1) 利用者は住所地市町村に申請し、ICカードに鍵ペアを生成し
  県知事の電子証明書の発行を受けます。
(2) 発行申請に必要なもの 
  ・ICカード(住民基本台帳カード 市町村で取得できます)
  ・本人確認資料(運転免許証など写真付きの公的な証明書)
  ・発行手数料 500円
(3) 有効期間 発行の日から3年間
  (有効期間中でも住所・氏名等電子証明書の記載事項に変更があると失効します)  
(4) 有効期間が満了した場合 
  有効期間満了後も引き続き電子証明書の利用を希望される場合は、
  新規の発行と同様の手続きで電子証明書の発行を受ける必要があります。
  (上記(1)(2)参照 有効期間満了の3ヶ月前から手続きできます)   
  (注意) 住民基本台帳カードの有効期間は10年間ですが、電子証明書の有効期間は3年間です。

2 サービスの利用方法

(1) 公的個人認証サービスポータルサイトから利用者用クライアントソフトをダウンロードし、
  使用するパソコンにインストールします。
(2) パソコンにICカードリーダライタ(要別途購入)とICカードを装着します。
  利用可能なICカードリーダライタについては市町村にお問い合わせください。
(3) 利用する行政手続のホームページにアクセスし必要事項を入力し、電子署名等を付け送信します。

利用可能な手続

1  岡山県・県内市町村への電子申請は岡山県・市町村 電子申請サービスから行うことが出来ます。

2  国の手続
  電子政府の総合窓口のサイトで政府の行政情報や行政手続を総合的に案内しています。

よくあるご質問(公的個人認証ポータルサイトより抜粋)

公的個人認証サービス関係資料

外国人住民向け各種資料

関連リンク

根拠法律

 「電子証明書に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(平成14年法律第153号)に基づき公的個人認証サービスを行っています。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、情報政策課までお願いします。