ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不妊について

 岡山県では、不妊症のため子どもを持つことができないご夫婦に対して、不妊に関する相談や不妊治療費の助成を行うことにより、不妊に悩んでおられるご夫婦の精神的、経済的負担を軽減する事業を行っています。

岡山県不妊専門相談センター「不妊、不育とこころの相談室」

  「不妊、不育とこころの相談室」では、不妊症(妊娠しない)や不育症(妊娠しても育たない)により子どもが得られない方々、将来の妊娠に不安を持つ思春期の男性、女性の方々の悩みについての解決に向けて相談に応じます。相談は無料です。
センターに来られての相談

電話

086-235-6542
来所は予約制ですので、電話かメールでご予約ください。
<開所日> ※祝日、12月29日~1月3日は除く

毎週

月曜日・水曜日・金曜日午後1時~午後5時まで

毎月

第1土曜日・第1日曜日午前10時~午後1時まで
メールでの相談

メール

funin@cc.okayama-u.ac.jp
毎日24時間受け付けています。
相談内容によっては、回答までに時間がかかることがあります。
電話での相談

電話

086-235-6542
<受付日> ※祝日、12月29日~1月3日は除く

毎週

月曜日・水曜日・金曜日午後1時~午後5時まで

毎月

第1土曜日午前10時~午後1時まで
センターの場所
岡山大学病院内
岡山県不妊専門相談センター
   「不妊、不育とこころの相談室」
<交通アクセス> 所在地:岡山市北区鹿田町2-5-1

バス

岡山駅東口バスターミナルから「2H」系統の岡電バスで「大学病院」構内バス停下車

岡山駅東口バスターミナルから「12」・「22」・「52」・「62」・「92」系統の岡電バスで「大学病院入口」下車

岡山駅前(「ドレミの街前」又は「高島屋入口」)から循環バス(めぐりん)で「大学病院入口」下車

路面

電車

 岡山駅から清輝橋行にて「清輝橋」下車 西へ徒歩5~10分

タクシー

 岡山駅から5~10分

岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業(特定不妊治療費の助成事業)

 岡山県では、医療保険が適用されず、治療費が高額となる体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)について、その医療費の一部を助成することにより経済的負担を軽減する事業を行っています。
(岡山市、倉敷市にお住いの方は、それぞれ岡山市役所(岡山市保健所)、倉敷市役所(倉敷市保健所)から助成されます。)

助成額

 1回の治療につき15万円まで。
 だだし、別表1のC及びFについては7万5千円まで。

助成回数及び期間

 妻の年齢、他の自治体で助成されたものも含めたこれまでの助成実績により異なります。
 通算助成回数早見表をご確認ください。

助成対象となる方

 ・治療開始時に法律上の婚姻をしているご夫婦で、医療機関が所在する都道府県、政令市又は中核市が指定する医療機関で体外受精又は顕微授精のいずれかの治療を受けられた方
 ・ご夫妻(又はいずれか一方)が、申請日現在、岡山県内に住所を有する方。
  ただし、ご夫婦とも岡山市又は倉敷市に住所を有する方は除く。
 ・夫及び妻の前年の所得(1月から5月までの申請については前々年の所得)の合計額が730万円未満である方。

   (なお、所得の計算は児童手当法施行令を準用します)

指定医療機関

助成申請の受付期間

 ・助成申請の受付期間は、治療が終了し、治療費の支払が終了した日の属する年度内となります。
   ※ただし、3月15日から3月31日までに支払を終了した場合は、翌月(4月)15日までに申請することができます。

助成申請に必要な書類

  (ア) 不妊治療支援事業助成金支給申請書 (こちらからダウンロード可能です。なお、各保健所・支所でもご用意しております。)
  (イ) 不妊治療支援事業受診証明書 (こちらからダウンロード可能です。なお各保健所・支所にも置いています。)
  (ウ) 岡山県内に居住する法律上のご夫婦であることを証明する書類(住民票、戸籍謄本など)
  (エ) 夫と妻、それぞれの所得証明書(市町村役場で交付を受けてください。) ※源泉徴収票では不可。
     (児童手当法施行令による控除額が確認できるもの→市町村役場には児童手当用のものと言ってください。)

助成申請の方法

  ・お住いの市町村を所轄する保健所に、治療の支払いが終了した日の属する年度内に申請書に必要書類を添えて提出してください。
   (なお、郵送による申請も可能ですが、書類の不備などについて、保健所からご連絡することもありますので、予め御了承ください。)
  ・岡山市、倉敷市にお住まいの方は、それぞれの市役所(保健所)にお問い合わせください。

参考情報

県内市町村における公費による不妊治療助成事業

県内市町村において、公費により実施している不妊治療助成事業の概要は次のとおりです。
事業の詳細については、各市町村役場へお問い合わせください。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、健康推進課までお願いします。