ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

白地区域の建築規制について

都市計画区域のうち用途地域の指定のない区域(白地区域)

 平成13年5月に都市計画法及び建築基準法の一部を改正する法律が施行され、都市計画区域のうち用途地域の指定のない区域(以下、「白地区域」という。)内の建築物について、容積率・建ぺい率等の建築規制を土地利用の実態に即したものとなるよう特定行政庁が規制の数値及びその適用区域を定めることになりました。
 特定行政庁岡山県知事が管轄する白地区域について、次のとおり規制の数値及び適用区域を定めています。
 なお、岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、総社市、新見市の区域の規制については各市が定めていますのでそれぞれの市におたずねください。

※平成27年4月1日より、次の区域における容積率制限を100%から200%に変更しています。
  赤磐市:あかいわ山陽総合流通センター地区計画の土地の一部
  浅口市:浅口工業団地(A地区)地区計画の土地

1 指定の概要

2 指定図について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、建築指導課までお願いします。