ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 新エネルギー・温暖化対策室 家庭でできる地球温暖化防止のとりくみについて

家庭でできる地球温暖化防止のとりくみについて

 このページでは、身近なところで、皆さんが実践できる地球温暖化防止のための具体的な方法をご案内します。
 日々の生活の中で、私たち一人一人が地球温暖化防止を意識し、できるところから温暖化防止の取り組みを始めてみましょう。

【参 考】
 地球温暖化の原因の一つといわれる二酸化炭素の我が国における2011年度分の排出量をみると、全体の約15%が家庭からの排出分となっています。また、一世帯あたりの二酸化炭素排出量は約5,060kg-Co2。その内訳は、照明・家電製品などからが約35%、自動車からが約26%、暖房及び給湯からがそれぞれ約14%となっています。

 

部門別二酸化炭素排出量      用途別家庭内二酸化炭素排出量

       出典)温室効果ガスイベントリオフィス

       全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より



 

家庭でできるエコライフの取組例

(1) リビングで

    【テレビ】
     ・テレビのつけっぱなしをやめる。
     ・画面の明るさを最適にする。

    【照明】
     ・必要のない照明をこまめに消す。
     ・高効率蛍光灯やLED照明に交換する。

    【エアコン】
     ・冷房は28℃、暖房は20℃を心がける。

    【その他】
     ・使っていない家電の主電源を切る。
     ・ひとつの部屋で家族みんなでだんらんする。
     ・早めの就寝を心がける。    
                        など
  

(2) キッチンで

    【冷蔵庫】
     ・扉をむだに開閉しない。
     ・温度を適切に設定する。
     ・詰め込みすぎない。

    【炊飯器・電気ポット】
     ・できるだけ保温機能を使わない。
     ・長時間使わないときはプラグを抜く。

    【電子レンジ】
     ・残りご飯は保温せず冷凍して、レンジで解凍する。
     ・野菜の下ごしらえはレンジでする。

    【ごみ】
     ・ご飯は残さず食べる。
     ・ごみの分別を徹底する。
                            など

(3) 水まわりで

    【風呂】
     ・できるだけシャワーを使わない。
     ・風呂にためるお湯の量を減らす。
     ・間隔をあけずにみんなが続けて入浴する。

    【洗濯】
     ・できるだけまとめて洗濯する。
     ・風呂の残り湯を活用する。

    【温水洗浄便座】
     ・便座や洗浄水の温度設定を下げる。
     ・こまめにふたを閉める。
                              など

(4) ドライブで

    【自動車】
     ・急発進、急加速、急ブレーキをしない。
     ・アイドリングストップを心がける。
     ・不要な荷物はおろす。
     ・定期的に点検整備をする。
     ・相乗りやスクーター利用を心がける。
                              など

(5) そのほかに

    【緑のカーテンなどの省エネ行動】
     ・自宅でグリーンカーテンや屋上緑化に取り組む。
     ・マイバック、マイ箸などを持ち歩く。
     ・車を使わずに、自転車や公共交通機関を利用する。
     ・地産地消を心がける。
     ・できるだけエコ製品やリサイクル製品を購入する。

    【省エネ製品の導入など】
     ・古い家電製品を省エネタイプのものに買い替える。
     ・高効率給湯器、HEMSなどの省エネ機器を導入する。
     ・太陽光発電や太陽熱温水器を取り入れる。
                                  など

 

お役立ちリンク



  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 新エネルギー・温暖化対策室 家庭でできる地球温暖化防止のとりくみについて