ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 港湾課 係留施設使用許可申請書等の様式の変更について

係留施設使用許可申請書等の様式の変更について

  平成20年4月1日から岡山県港湾施設管理及び利用条例施行規則第7条及び岡山県入港料徴収徴収条例施行規則第6条に
定める申請様式のうち、下記の申請様式を変更しましたので、お知らせします。
  なお、当面の間は旧様式も使用可能です。
      注1)様式中、以下の項目は空欄として差し支えありません。
       ・「船長氏名」
       ・「申請者コード」
       ・船舶基本情報欄の「IMO番号」、「船籍港」、
       「船舶電話番号、インマルサット電話番号、FAX番号その他連絡方法」
       ・船主等情報の欄の全項目
       ・入港情報欄の「コード」「停泊目的」「希望びょう泊場所」「びょう泊予定期間」「移動前停泊場所」
       「移動後停泊場所」「移動理由」「移動予定日時」「移動後停泊予定期間」
       ・航海情報欄の「特定海域の入域の位置及び入域の予定時刻」
       ・貨物情報欄の「その他本邦の港」
       ・保障契約情報欄の全項目
      注2)航海情報欄の「優先指定」は、割増料金を払うことにより優先的に係留できる
       船舶を意味し、本県ではこの制度を採用していないので、空欄としてください。
       注)様式中、「申請者コード」、「施設コード」及び「品名コード」欄は空欄として差し支えありません。
       注)様式中、「申請者コード」、「施設コード」及び「品名コード」欄は空欄として差し支えありません。
       注)様式中、「申請者コード」、「施設コード」、「信号符字(コールサイン)等」及び「船名」欄は空欄として差し支えありません。
       注)様式中、「申請者コード」及び「信号符号等」欄は空欄として差し支えありません。

トップページ 組織で探す 土木部 港湾課 係留施設使用許可申請書等の様式の変更について