ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分野で探す > 教育・文化 > 文化芸術 > 文化事業 > 岡山県三木記念賞及び同助成金

岡山県三木記念賞及び同助成金

岡山県三木記念賞及び同助成金

 故岡山県知事三木行治氏は、昭和39年に日本人として初めて、アジアのノーベル賞といわれているマグサイサイ賞を受賞されましたが、この受賞は全県民の協力の賜物であるので、これを郷土の発展に役立てたいとの考えから、受賞金の全額を県に寄付されました。
 県では、氏の私なき献身の精神と業績を末長く称え、遺志を引き継ぐため、この寄付金と県民からの浄財とによって40年に岡山県三木記念事業基金を設置しました。
 その運用により、43年から公共奉仕の精神をもって地域社会の発展に貢献した者を顕彰し、又は助成する岡山県三木記念事業を実施することとしており、平成28年までに49回を数え、222人、153団体を顕彰しています。
三木行治知事

岡山県三木記念事業基金運営審議会

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、総務学事課までお願いします。


トップページ > 分野で探す > 教育・文化 > 文化芸術 > 文化事業 > 岡山県三木記念賞及び同助成金