ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 エコタウンプランとは?

エコタウンプランとは?

ゼロ・エミッション構想推進のための「エコタウン事業」
(経済産業省・環境省 共管事業)

1 エコタウン事業とは

 ゼロエミッション構想を地域の資源循環型経済社会形成のための基本構想として位置づけ、併せて、地域の産業蓄積等を活かした環境産業の振興を通じた地域振興、及び地域の独自性を踏まえた廃棄物の発生抑制・リサイクルの推進を通じた資源循環型経済社会の構築を目的とし、既存の枠にとらわれない先進的な環境調和型まちづくりを実現するために、地方公共団体が主体となり、地域住民、地域産業と連携して取り組むもの。
 具体的には、地域特性を活かして、地方公共団体が、「エコタウンプラン」を作成し、国(経済産業省及び環境省)から共同で承認を受けた場合、当該プランに基づいて行う事業に対し、国から総合的・多面的な支援を受けるものである。
 (平成9年度からの実施事業)

2 全国のエコタウンプラン承認状況

平成 9年度: 長野県飯田市、川崎市、北九州市、岐阜県
平成10年度: 福岡県大牟田市、札幌市、千葉県・千葉市
平成11年度: 秋田県、宮城県鶯沢町
平成12年度: 北海道、広島県、高知県高知市、熊本県水俣市
平成13年度: 山口県、香川県直島町
平成14年度: 富山市、青森県
平成15年度: 兵庫県、東京都、岡山県(H16.3.29)・・全国20番目
平成16年度: 岩手県釜石市、愛知県、三重県鈴鹿市
平成17年度: 大阪府、三重県四日市市、愛媛県       計26地域

トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 エコタウンプランとは?