ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

環境課

1. 産業廃棄物処理業の許可等

 産業廃棄物の処理(収集運搬、処分)を事業として行おうとする場合や 産業廃棄物の処理施設を設置しようとする場合には、事前に知事の許可が必要です。

(1)産業廃棄物処理業

産業廃棄物の種類許可の区分
産業廃棄物産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物処分業
特別管理産業廃棄物特別管理産業廃棄物収集運搬業
特別管理産業廃棄物処分業

(2)産業廃棄物処理施設(主な施設)

施設の種類許可対象規模(処理能力)
汚泥の脱水施設10立方メートル/日を超えるもの
廃油の焼却施設1立方メートル/日を超えるものもしくは、200キログラム/時間以上のもの又は、火格子面積が2平方メートル以上のもの
廃プラの破砕施設5t/日を超えるもの
廃プラの焼却施設100キログラム/日を超えるもの又は、火格子面積が2平方メートル以上のもの
木くず又はがれき類の破砕施設5t/日を超えるもの
木くず等の焼却施設5t/日を超えるものもしくは、200キログラム/時間以上のもの又は、火格子面積が2平方メートル以上のもの
最終処分場すべてのもの

(3)県外からの産業廃棄物の搬入に係る事前協議

 県外から岡山県内に産業廃棄物を持ち込み、処分する場合には、あらかじめ県に対して事前協議書を提出して、承認を得る必要があります。
問合せ先: 岡山県環境文化部循環型社会推進課産業廃棄物班 Tel (086)226-7308
       岡山県美作県民局地域政策部環境課廃棄物対策班 Tel (0868)23-1243
根拠法令: 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行細則第20条

2.自動車リサイクル法に基づく登録・許可

 平成17年1月1日から「使用済自動車の再資源化等に関する法律」(いわゆる ”自動車リサイクル法” )が本格的に施行され、使用済み自動車の引取やフロン類の回収を業として行おうとする場合には知事の登録が、また使用済自動車から部品取りを行ったり、解体自動車の破砕を業として行おうとする場合には知事の許可が必要です。
問合せ先: 岡山県環境文化部循環型社会推進課産業廃棄物班 Tel(086)226-7308
       岡山県美作県民局地域政策部環境課廃棄物対策班 Tel(0868)23-1243
根拠法令: 使用済自動車の再資源化等に関する法律

3. 浄化槽の設置届出

 浄化槽を設置する場合は、工事着手予定日の10日前(型式認定を受けていない浄化槽を 設置する場合には21日前)までに届出する必要があります。

(1)建築確認を要する場合
   (ア)津山市内に設置する場合:津山市都市建設部建築住宅課または指定確認検査機関への確認申請書に記載・添付します。
   (イ)津山市外に設置する場合:県民局建設部管理課または指定確認検査機関への確認申請書に記載・添付します。

(2)建築確認を要しない場合 事前に県民局環境課への届出が必要です。
 (真庭市・真庭郡内に設置する場合は真庭地域事務所真庭地域総務課、美作市・勝田郡・英田郡内に設置する場合は勝英地域事務所勝英地域総務課でも受け付けています。)<窓口のみ>

問合せ先: 岡山県環境文化部循環型社会推進課一般廃棄物班 Tel(086)226-7307
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel(0868)23-1227
根拠法令: 浄化槽法

4. 墓地の許可

 墓地を経営(設置)しようとする方は、事前に知事の許可(個人墓地については市町村長の許可)を受けることが必要です。

○墓地の種類(経営主体)

(1)公共墓地 :市町村等が経営する墓地
        (市部については市に申請)

(2)宗教法人墓地 :寺院などの宗教法人が経営する墓地
        (市部については市に申請)

(3)個人墓地 :個人が設置する墓地(平成19年度からは市町村に申請)


問合せ先: 岡山県環境文化部環境企画課審査・調整班 Tel(086)226-7299
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel(0868)23-1227
根拠法令: 墓地、埋葬等に関する法律、墓地等の経営の許可等に関する条例

5. 水質保全に係る届出

 水質汚濁防止法や岡山県環境への負荷の低減に関する条例 で定められた「特定施設」を設置する場合には、工事着手予定日の60日前までに所管の県民局に届出が必要です。
 なお、1日当たりの最大排水量が50m3以上の場合には、瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく知事の許可が必要になり、手続きの窓口は県庁環境管理課水環境湖沼保全班になります。

○届出対象施設の例
(1)201人槽以上の浄化槽
(2)飲食店(総床面積420m2以上)
(3)洗濯業の用に供する洗浄施設(洗濯機等)
(4)写真現像業の用に供する自動式フィルム現像洗浄施設
(5)食料品製造業の用に供する洗浄施設(流し等)
(6)旅館業の用に供する入浴施設等


問合せ先: 岡山県環境文化部環境管理課水環境湖沼保全班 Tel(086)226-7301
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel(0868)23-1227
根拠法令: 水質汚濁防止法、瀬戸内海環境保全特別措置法、岡山県環境への負荷の低減に関する条例

6. 大気保全に係る届出

 大気汚染防止法や岡山県環境への負荷の低減に関する条例 で定められた「ばい煙発生施設」や「粉じん発生施設」、「揮発性有機化合物排出施設」、「有害ガス発生施設」を設置する場合には、工事着手予定日の60日前までに所管の県民局に届出が必要です。また、アスベスト(石綿)を含む建築物及び工作物の解体や、改造工事に伴うアスベスト除去や封じ込め作業についても、作業開始の14日前までに届出が必要です。

○ばい煙発生施設の例
(1)ボイラー:伝熱面積10m2以上、又はバーナー燃焼能力が重油換算50L/h以上のもの
(2)廃棄物焼却炉:火格子面積が2m2以上、又は焼却能力が200kg/h以上のもの



問合せ先: 岡山県環境文化部環境管理課大気保全班 Tel(086)226-7302
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel(0868)23-1227
根拠法令: 大気汚染防止法、岡山県環境への負荷の低減に関する条例

7. ダイオキシン類対策特別措置法に係る届出

 ダイオキシン類対策特別措置法で定められた「特定施設」を設置する場合には、 工事着手予定日の60日前までに所管の県民局に届出が必要です。なお、特定施設の設置者は年1回以上、排出ガス、排出水、ばいじん、 燃え殻(焼却灰)のダイオキシン類を測定し、その結果を所管の県民局に報告しなければなりません。 前年度の各施設の測定結果については、県が公表した後に、県民局で閲覧することができます。

○特定施設の例
(1)大気基準適用施設:廃棄物焼却炉(火床面積が0.5m2以上、又は焼却能力が50kg/h以上のもの)
(2)水質基準対象施設:廃棄物焼却炉(同上)の廃ガス洗浄施設(スクラバー)、貯留施設



問合せ先: 岡山県環境文化部環境管理課化学物質対策班 Tel(086)226-7305
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel(0868)23-1227
根拠法令: ダイオキシン類対策特別措置法

8. フロン類充填回収業等の登録

 業務用冷凍空調機器(エアコン、冷蔵・冷凍機器等)からフロン類を充填・回収することを業として行う場合には、あらかじめ知事への登録が必要です。

第一種フロン類充填回収業の登録業務用冷凍空調機器(エアコン、冷凍・冷蔵機器等)からフロン類を充填、又は回収する場合
(窓口:各県民局地域政策部環境課)
 なお、第一種フロン類充填回収業者は毎年度5月15日までに、前年度のフロン類充填・回収量等を所管の県民局に報告しなければなりません。


問合せ先: 岡山県環境文化部環境企画課審査・調整班 Tel(086)226-7299
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel(0868)23-1227
根拠法令: フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)

9.土壌汚染対策に係る届出

 土壌汚染対策法第4条第1項の規定により、一定規模(3,000平方メートル)以上の土地の形質を変更しようとする者は、当該土地の形質の変更に着手する30日前までに届出が必要です。 
 
 また、(1)有害物質使用特定施設の使用の廃止時(法第3条) (2)一定規模(3,000平方メートル)以上の土地の形質変更の届出の際に、土壌汚染のおそれがあると都道府県知事が認めるとき(法第4条) (3)土壌汚染により健康被害が生ずるおそれがあると都道府県知事が認めるとき(法第5条)に土壌汚染状況調査を実施する必要があります。


問合せ先: 岡山県環境文化部環境管理課化学物質対策班 Tel(086)226-7305
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel(0868)23-1227
根拠法令: 土壌汚染対策法、岡山県環境への負荷の低減に関する条例

10. P R T R(Pollutant Release and Transfer Register:環境汚染物質の排出量・移動量の登録)の届出

 第一種指定化学物質の年間取扱量が1t以上の事業者は、毎年度4月1日から6月30日までの間に、 前年度の第一種指定化学物質の排出量及び移動量を所管の県民局に届出が必要です。


問合せ先: 岡山県環境文化部環境管理課化学物質対策班 Tel (086)226-7305
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel (0868)23-1227
根拠法令: 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(Prtr法)

11. P C B(ポリ塩化ビフェニル)の届出

 P C B廃棄物を保管する事業者等は、毎年度6月30日までに、 前年度におけるP C B廃棄物の保管及び処分の状況について、所管の県民局に届出が必要です。


問合せ先: 岡山県環境文化部循環型社会推進課産業廃棄物班 Tel(086)226-7308
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel(0868)23-1227
根拠法令: ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法

12.景観法に基づく大規模行為の届出

一定規模以上の建築物及び工作物の新築、改築、屋外における物件の堆積、土石の採取等の行為をする場合には、工事等の着手30日前までに、行為を行う市町村を経由して、所管の県民局に届出が必要です。(ただし、真庭市及び新庄村については、それぞれの市、村へ届出をしてください。)

問合せ先: 岡山県環境文化部環境企画課審査・調整班 Tel (086)226-7299
       岡山県美作県民局地域政策部環境課環境保全班 Tel (0868)23-1227
       各市町村
根拠法令: 景観法、岡山県景観条例