ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 国際課 記載事項変更申請

記載事項変更申請

パスポートの記載事項変更申請

・有効期間内のパスポートの記載事項に変更を生じた場合には、新規の申請を行うこともできますが、申請時に返納されたパスポートと同じ有効期間満了日となる記載事項変更旅券の申請を行うこともできます。
・申請者の住所又は居所の所在地を管轄する市町村のパスポート窓口で手続きをしてください。
・「訂正申請」は平成26(2014)年3月19日で廃止されましたが、すでに訂正申請をして追記欄に訂正事項が記載されているパスポートは、平成26(2014)年3月20日以降も引き続き有効です。

記載事項変更申請に必要な書類

1.一般旅券発給申請書(記載事項変更用)・・・1通
  ・申請書は各窓口で入手できます。外務省のホームページにあるダウンロード申請書は使用できませんのでご注意ください。
2.戸籍謄(抄)本・・・1通
  ・発行日から6か月以内のもので、氏名・本籍等の変更の経緯が確認できるもの。
  ・家族で同時に申請する場合で戸籍が同一の場合は戸籍謄本を1通とすることができます。
3.写真・・・1葉
  ・申請書に貼らずにお持ちください・
  ・規格を満たしていない写真は使えません。下記リンクをご参照ください。
4.有効期間内のパスポート
5.その他
  ・上記書類ではパスポート変更に必要な事項が十分確認できない場合は、他の書類の提出を求めることがあります。
  ・居所申請の場合は、住民票の写し(発行日から6か月以内のもの)及び居所が確認できる書類が必要です。
   詳しくは居住の所在地を管轄するパスポート窓口へお問い合わせください。
  ・記載事項変更旅券は、所持人自署(サイン)、顔写真、ICチップ内のデータ、及び旅券番号が新しくなります。
  ・申請時に返納されたパスポートと同色の冊子となります。

代理提出

・申請書類は、刑罰等関係欄に該当のある場合、居所申請を希望する場合を除き代理提出することができます。
・申請書類は上記のものがすべて必要です。
・申請書裏面下部にある「申請書書類等提出委任申出書」の記入が必要です。ただし、法定代理人が申請者に代わって提出する場合には不要です。
・代理人(引受人)の身元確認書類も必要です。

手数料

6,000円 (岡山県収入証紙2,000円、収入印紙4,000円)

手数料は受領の際に納付していただきます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 国際課 記載事項変更申請