ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 自然環境課 野鳥を捕まえないで!

野鳥を捕まえないで!

         

野鳥は許可なく捕獲したり、飼ったりすることはできません。

許可なく捕獲すること(密猟)は、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」により禁止されており、これに違反した場合、100万円以下の罰金又は1年以下の懲役に処せられることがあります。

野鳥は自然のままで、野外で楽しむことが基本です。
 
また、違法に捕獲された野鳥を売ることも飼うことも違法です。違法な飼養等を行った場合には、50万円以下の罰金又は6ヶ月以下の懲役に処せられることがあります。

     

こんな場合は?

 狩猟鳥獣の場合は?

狩猟者登録を受けた方が狩猟鳥を狩猟期間中に捕獲し、さらに捕獲した狩猟鳥を飼うことは違法ではありません。

 有害な鳥を捕獲する場合は?

農林水産業等への被害防止目的での捕獲等、許可を受けて行っているものは違法ではありません。

 愛玩のために捕獲する場合は?

 野生の非狩猟鳥を捕獲して飼養することはできません。

 また、以前に許可を受けて捕獲したメジロを継続して飼養する場合は、市町村での飼養登録手続きが毎年必要です。

 詳しくは、捕獲については、最寄りの県民局農林水産事業部森林企画課へ、

      飼養については、住所地の市役所、町村役場にお問い合わせください。


トップページ 組織で探す 環境文化部 自然環境課 野鳥を捕まえないで!