ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 奨学資金返還の免除について

奨学資金返還の免除について

1 奨学資金が返還となる者 (奨学資金を返還しなければならない場合)

   (1) 奨学資金の貸付を取り消されたとき
      ・退学したとき、死亡したときなど
      ・学業成績が著しく不良になったとき、貸付を辞退したときなど 
                  (この場合は在学中であれば返還の期限を卒業まで延ばすことはできる。)
   (2) 卒業後、1年以内に免許を取得できなかったとき
   (3) 免許取得後、直ちに免除対象施設において、看護業務に従事しなかったとき
   (4) 免許取得後、免除対象施設における看護業務従事期間が継続して5年間に満たないとき
            (死亡した場合、退職した場合)

   <返還の方法>                                                      
   上記の理由により返還となった場合は、いずれも全額返還となります。
   奨学資金の返還は、一括払い、毎月払い、半年払いのいずれかの方法で、貸付を受けた期間と同じ期間内で全額返還を終了しなければなりません。          

2 奨学資金の返還が免除となる者 (奨学資金を返還しなくてよい場合)

    卒業後、下記の条件をすべて満たした場合は貸付金の返還が全額免除されます。
    (1) 免許を取得し、直ちに就業すること
    (2) 岡山県内の免除対象施設(※)に就業すること
    (3) 5年間引き続いて看護業務に従事すること

  ※ 免除対象施設の主なもの
     ・病床数が200床未満である病院
     ・病床の80%以上が精神病床である病院
     ・国立ハンセン病療養所
     ・診療所
     ・医療型障害児入所施設
     ・介護老人保健施設
     ・訪問看護事業所(ただし、平成28年度以前に新規貸付決定をされた方は、県内の上記免除対象施設において3年以上の実務経験を有している場合に限り免除対象施設とする)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 奨学資金返還の免除について