ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 林政課 伐採及び伐採後の造林の届出制度

伐採及び伐採後の造林の届出制度

立木を伐採する際は事前の届出が必要です。

 森林は、環境の保全、水源の涵(かん)養、災害の防止及び木材等の林産物の供給などの役割を果たしています。この働きを持続させるため、市町村が定める市町村森林整備計画では伐採や造林の方法などを定め、地域の実情に応じた適切な森林づくりを推進しています。
 「伐採及び伐採後の造林の届出制度」は、森林の伐採及び造林の方法がこの計画に従って適切に行われているか確認するために、森林所有者等に事前の届出を求める制度です。
 また、違法伐採対策にともない伐採木を原木市場に出す場合、合法伐採証明が必要となっています。この合法伐採証明として、伐採届等の写しが必要になります。
 立木を伐採して市場で売る場合、木を切る際は必ず伐採届の手続きを行うようにしてください。

届出の対象となる森林

 地域森林計画の対象とする森林であり、その確認は市町村又は最寄りの県民局森林企 画課及び地域森林課に備え付けてある森林計画図で行ってください。
 ただし、保安林や自然公園又は森林経営計画がたてられている森林、1ha以上の森林の開発を行う場合は、別途許可又は届出が必要となりますので、市町村又は最寄りの県民局森林企画課及び地域森林課にお問い合わせください。

届出対象者

 森林所有者自らが伐採・造林(使用人を雇用するなど請負を含む)を行う場合は、森林所有者が届出を行います。
 素材生産業者等が森林所有者から立木を買い受けて伐採するときは、立木を買い受けた者(伐採を行う者)とその後の造林を行う者(森林所有者等)との連名で届出を行います。
 なお、素材生産業者等が、森林所有者から伐採・造林に関する施業の委託を受けている場合は素材生産業者等が届出を行います。
 また、届出を行った者は「伐採及び伐採後の造林の届出書」に記載されている内容について遵守義務を負うことになります。連名で届出を行った場合は、両者に遵守義務が課されますので、伐採を行う者と造林を行う者と十分連携して、市町村森林整備計画に適合しているかどうか等を確認しながら届出を行ってください。

届出の時期、届出先

 伐採を始める90~30日前までに、森林を管轄する市町村へ、下記の様式に伐採を行う区域が分かる図面を添付して提出してください。

届出を行わずに伐採した場合

 届出せずに伐採を行うことは、森林法違反になります。
 伐採途中の場合は伐採の中止命令、伐採後の造林が行われていない場合は、造林命令を行う場合があります。
 無届での伐採や中止命令、造林命令に従わない場合は、それぞれ100万円以下の罰金に処せられる場合があります。

業務一覧表に戻る

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 林政課 伐採及び伐採後の造林の届出制度