ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

暴力について

~ 毅然とした態度で対応しよう ~

社会で許されないことは学校でも許されない

○子どもが暴力行為を起こした場合、その過ちについて、毅然とした姿勢で指導しましょう。
 また、子どもに対してルールを守ることの大切さを教えるだけでなく、大人が率先して社会
 のルールを守り、規範意識を育てていきましょう。

何でも話すことのできる明るい家庭づくりをしよう

○友達との人間関係や勉強のことなど、子どもは様々な悩みやストレスをもっている場合があります。
 日ごろから、子どもの話をしっかりと聞き、気持ちを受け止め、共に考えながら温かいアドバイスを
 していきましょう。

学校と協力して解決していこう

○日ごろから学校と連絡を取り合い、子どもの学校での様子などについて把握するようにしましょう。
○暴力事件を起こした場合、学校と協力しながら、今後の対応の仕方などについて考えていきましょう。
 その場合、青少年育成センター等の関係機関に相談することもできます。